【ホンマ強い!】大阪府のサッカー強豪校5選 | SPAIA

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ホンマ強い!】大阪府のサッカー強豪校5選


サッカー,試合

Photo by makieni/Shutterstock.com

ガンバ大阪、セレッソ大阪と全国的にも有名な二つのJクラブが在る大阪府の高校サッカー事情を知りたい方のために、大阪桐蔭中学校高等学校や阪南大学付属高等学校などの有名強豪校を5校、厳選して紹介する。

ガンバ大阪・阿部浩之選手を輩出!【大阪桐蔭中学校高等学校】

大阪桐蔭高校はスポーツ強豪校として有名な学校で、特に野球での知名度は全国的に非常に高い。
多くの有名プロ野球を輩出していることで知られているが、サッカーも強豪校でありJリーガーを多く生んでいるのだ。 学校は、大阪府大東市に所在しており、男女共学の私立高で、中高一貫コースと高校からのコースがある。
サッカー部は比較的新しく2005年に創部された。女子サッカー部も2006年に創部されている。専用の人工芝のサッカー部グラウンドを所有しており、日々サッカーに打ち込む部員の姿が常にある。

日本代表・藤春選手の出身校!【東海大付属仰星高等学校】

東海大付属仰星高等学校は、中等部からと高校からの2コースの進学方法がある私立高校。サッカー部は強豪校で知られており、インターハイや高校サッカーにおいて憧れの大会でもある高校選手権にも出場を果たし全国ベスト8の成績も残している。
現在、日本代表候補の一人でもありアテネ五輪のオーバーエイジ枠での出場が濃厚となっているガンバ大阪・藤春廣輝選手の出身校としても有名だ。大阪府枚方市に学校があり、練習は16時から19時まで行われている。土日には試合が組まれることが多い。

関西を代表するサッカー強豪大学の付属高校【阪南大学付属高等学校】

阪南大付属高等学校はサッカー部員数150名以上の強豪校だ。高校サッカーの一番大きな大会である高校サッカー選手権大会にも出場した。近年は実力を伸ばし関西のサッカー強豪校としては欠かせない存在となっている。
サッカー部は強化指定部となっているので、全国大会を目指し本格的な指導者の元、高見ノ里グラウンドという人工芝のグラウンドで練習を重ねている。阪南大は関西で超が付くほどのサッカー強豪校であり、付属高で結果を出して阪南大に進むとさらにレベルの高い中でプレーすることになる。
場所は大阪府松原市に学校があり、高校は普通科が設置されており、文理特進Ⅰ類・文理特進Ⅱ類・総合進学などのコースがある。 元々は男子校だったが、2000年に男女共学になった私立高校だ。

アスリートを養成する!【興国高校】

興国高校は、大阪府大阪市天王寺区にある私立男子高校。 サッカー部が強く、近年、特に注目を集めている高校だ。学校には人工芝グラウンドがあり、サッカー部は恵まれた環境で練習を重ねている。
サッカー部の他にも大阪にあるJリーグクラブ・セレッソ大阪ユースでプレーする選手たちが多く通う高校だ。 アスリートアドバンスクラスというコースがあり、トップアスリートを育てるための特別な授業などもある。

たった10年あまりで強豪高校に!【履正社高等学校】

履正社学園豊中中学校・履正社高等学校は、大阪府豊中市に所在している。
中高一貫教育の私立中学校・高等学校であり学校法人履正社が運営し、90年以上の歴史と伝統を持つ学校だ。 スポーツ推薦コースもあり、さまざまなスポーツが強い高校だが、特にサッカー、野球、バレー部が有名で全国レベルの活躍をしている。
2017年には校舎も新しくなる予定で、4階建ての体育館がありスポーツ強豪校としての設備が揃っている。 サッカー部は創部してから10数年で全国の強豪高校として知られるようになった。これからもっと履正社出身の選手たちがサッカー界でプレーするだろう。

まとめ

大阪にはたくさんの高校があり、スポーツに力を入れている高校も多い。大阪は野球に加えサッカーに力を入れている高校が増加し、今全国的にも注目の地域だ。これからも大阪府の強豪高校に注目していきたい。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

  • 本日開催される試合はありません
SPAIA スポーツコラム ライター募集中!