「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2000年代の衝撃!】サッカー界が揺れた注目の移籍と結果に迫る!

2017 9/13 14:03dai06
クリスティアーノ・ロナウド選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年!赤い悪魔から白い巨人へ、クリスティアーノ・ロナウド

世界最高峰サッカー選手の1人であるクリスティアーノ・ロナウド選手(以下、敬称略)は、2009年にレアル・マドリードCF(以下、マドリード)に加入した。「白い巨人」の愛称で知られるマドリードは、ロナウドと同じく世界最高峰のクラブの1つである。
彼の古巣であるマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)には、約130億円とされる膨大な移籍金が支払われた。ユナイテッドも名のあるクラブだが、当時のロナウドが選んだのはマドリードだった。

ロナウドはユナイテッドでのキャリアには恵まれていた。伝統の背番号7を着用し、左サイドでキレのあるドリブルを披露し続けた。恩師であるサー・アレックス・ファーガソン氏の下で、当時の若きロナウドは一気に成長し、世界最高峰の選手となった。

だが、当時の彼はマドリードへの加入は幼い頃からの夢であるということを認めており、結果としてマドリードへの移籍は現実のものとなった。
マドリードに加入してからも、その存在感の大きさは変わらない。決定力、スピード、ドリブルのキレ、オーラ。そのどれもが彼には備わっており、まさにスーパースターと呼んで差し支えないだろう。

30代を迎えてからは若干ドリブルにキレが失われてきたものの、相変わらずのゴールセンスでフィニッシャーとしてゴールを量産し続けている。バロンドールをはじめとした数々の個人賞の獲得、EURO2016優勝で代表でのタイトルにも恵まれた。もう一度言う、彼はスーパースターだ。ユナイテッド在籍時には既にスターだったが、マドリードに加入してからは紛れもないスーパースターとなった。

マドリードのサポーターは我の強い彼に時折反感を示すが、もし彼がマドリードを去ることになったらと思うと、とても恐ろしい。2000年代、そして2010年代のマドリードの栄光は、ロナウドがいなければ成し得なかったのだから。

2000年!最大の禁忌を犯した者、ルイス・フィーゴ

ルイス・フィーゴ氏(以下、敬称略)は、サッカー界でも最大の禁忌を犯してしまった選手として有名だ。

彼は前項のロナウドと古巣と母国を同じくする選手だが、1995年から加入したFCバルセロナ(以下、バルセロナ)の顔とも言うべき選手として君臨していた。

しかし、フィーゴは2000年にバルセロナの宿敵であるマドリードへの移籍を実現させてしまった。この時にバルセロナ側に支払われた金額は約70億円。当時のレートで考えればこの金額は大変大きな金額であり、当時の世界最高額の移籍だった。

バルセロナとマドリードは宿敵同士だ。クラブ、選手、サポーター、街に至るまで、互いを強く敵視する。フィーゴの移籍はバルセロナサポーターからすれば裏切り行為に等しく、彼の経営する日本料理店はひどく傷付けられ、彼自身にも容赦ない罵詈雑言が浴びせられた。
それでもフィーゴは、「バルセロナで十分な扱いを受けていなかった」とし、自分が移籍を決めたのが金のためではなかったこと後に明らかにしている。

かくして移籍を果たしたフィーゴは、バルセロナ時代同様、マドリードでも優れたゲームメイク力を発揮し、銀河系軍団の中心選手となった。
「サッカー界に絶対などない」、サポーターは、彼の移籍からそう強く感じたことだろう。選手のキャリアに最終決定を下すのは選手自身であり、フィーゴを責めることなどできない。

おすすめの記事