「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1990年代の衝撃!】サッカー界が揺れた注目の移籍と結果に迫る!

2017 9/13 14:03dai06
ハビエル・サネッティ氏
このエントリーをはてなブックマークに追加

1995年!将来のインテル会長間違いなし?ハビエル・サネッティ

1995年にインテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)加入したハビエル・サネッティ氏(以下、敬称略)は、インテルの公式戦を800試合も戦った。
インテルにはサネッティ同様に数多くのアルゼンチン人選手が加入しているが、そのなかでもサネッティという選手は別格の存在だ。彼の加入はインテルの未来を築くものとなった。

サネッティはMFとして中盤の底やサイドをカバーするだけでなく、SBなどのDFもこなすことができる。非常にユーティリティー性が高く、どんなプレーもそつなくこなしてみせる。プレー時の落ち着きぶりは若い時から、現役引退まで一貫しており、1999年からはキャプテンとしてプレーした。攻撃と守備両方をこなせるというユーティリティー性の高さは、2000年代に入ってからより一層重要視されてくるのだが、サネッティはその先駆けといえるだろう。

サネッティは2014年に現役を引退。彼の着用していた背番号4は永久欠番となった。そして、そのままインテルのフロントに参加し、インテルの副会長に就任。今度はクラブを内側から支える立場となった。海外資本の入れ替わりが激しいインテルにとって、クラブの勝手知ったる男、サネッティの存在は貴重だ。

将来的なインテルの会長の座には、もしかするとサネッティが就任するのかもしれない。彼ほどクラブに貢献し、人望の厚い人材はそう見つからないだろう。サポーターも彼の会長就任に反対するとは思えない。

1990年!偉大なるポニーテールをなびかせて、ロベルト・バッジョ

1990年にはロベルト・バッジョ氏(以下、敬称略)がユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)に加入した。

バッジョは「イタリアの至宝」「偉大なるポニーテール」などと称された、イタリアサッカー史を代表する選手だ。その愛称通り、彼のトレードマークは短く結ばれたポニーテールだ。ユヴェントスの背番号10と聞いてバッジョを思い浮かべる方も多いだろう。

バッジョは若い頃から現役引退まで、イタリアのクラブ一筋でプレーしてきた。10代の頃から得点を量産し続け名声を得たバッジョは、1990年に当時の史上最高額の約20億円でACFフィオレンティーナ(以下、フィオレンティーナ)からユヴェントスに移った。

フィオレンティーナで一定の地位を得ていたバッジョは、この古巣から容赦ない非難を浴び、暴動が発生する事態までに至る。ユヴェントスの選手としてフィオレンティーナと対峙する際にもブーイングを浴びせられ、彼がボールを蹴る度に大きな野次が飛んだ。
ただ、その試合でユヴェントス側がPKを得た時には、バッジョがキッカーを拒否。激怒した監督に交代を命じられるも、観客の拍手とともにピッチを去ることができた。

当初のバッジョはユヴェントス移籍を必ずしも快く思っていなかったが、その後も1995年まで同クラブでプレーを続け、いくつもの勝利に貢献した。その間にはバロンドールやFIFA年間最優秀選手賞など、複数の栄誉にも恵まれている。

しかし、1995年にはクラブが高額の給与を支払うことに難色を示したことと、若いながらも成長を遂げてきたアレッサンドロ・デル・ピエロ氏(以下、敬称略)に立場を譲るような形で、インテルへと移籍することになる。悩みつつもユヴェントスで大活躍していたバッジョには、少々酷だった。

おすすめの記事