「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【影の支配者?】サッカー界を操る名物オーナー&会長とは?

2017 9/13 14:03dai06
ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長
このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナ会長!改革を迫られるバルトメウ

FCバルセロナ(以下、バルセロナ)の会長を務めているのが、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長(以下、敬称略)だ。

彼は副会長の座から暫定的な会長へと就任し、2013-14シーズン終了後にバルセロナの正式な会長となった。前任者はバルセロナが今まで避けてきた胸スポンサーを導入し、バルセロナの伝統を重んじるのではなく商業的な推進を図った。よって、ヨハン・クライフ氏らクラブ関係者、サポーターからの反感を買い、辞任に追い込まれていた。
後任のバルトメウに課せられたのは、バルセロナがバルセロナとしての誇りを取り戻すことと、強いクラブをつくり上げることだった。

2014-15シーズンには、セスク・ファブレガス選手やアレクシス・サンチェス選手ら主力を相次いで放出するも、ルイス・スアレス選手やイヴァン・ラキティッチ選手ら国内外の実力者を大金をはたいて獲得した。史上最高のトリデンテ(3トップ)と呼ばれたMSNの結成は、彼の功績のなかでも群を抜いて素晴らしいものだ。

ただ、2017年にネイマール選手(以下、敬称略)がパリ・サンジェルマンFC(以下、PSG)に移籍しまったことにより、MSNは解散。クラブの行く末が危ぶまれている。
さらにはシャビ・エルナンデス選手らOBがバルセロナの現状を嘆いており、バルトメウの方針に疑問符がつくこともある。「世界から実力者を集めるのではなく、もっとユース出身者を重んじるべきではないか?」といった声だ。

MSNを欠いた以上、世界有数の選手を連れてくるのが彼のタスクではあるが、ユース出身の選手の流出を止めるのも彼の役目だろう。
クラブは改革を迫られており、バルトメウはその手腕を試されている。常に勝利を求められるバルセロナにとって、ユース出身の若い選手を起用することは難しい選択だが、バルセロナの優れた育成力はクラブのブランド力でもあり伝統だ。バルトメウは今後どちらを重んじるのだろうか。

マドリード会長!銀河系軍団再結成なるか?フロレンティーノ・ペレス

レアル・マドリードCF(以下、マドリード)の会長がフロレンティーノ・ペレス会長(以下、敬称略)だ。

彼は1999-2000シーズン終了後に会長となり、2005-06シーズン途中の2月に会長を辞任。そして2009年の6月に再び会長となっている。 彼は積極的な補強を行うことで有名で、これまでにも数々のビッグネームの獲得に成功している。マドリードが「銀河系軍団」と呼ばれた時代も、彼がつくりあげたものだ。選手時代のジネディーヌ・ジダン監督(以下、敬称略)、ロナウド氏、そして最初の就任で公約に掲げていたルイス・フィーゴ氏は宿敵のバルセロナから獲得してみせた。

彼が本気を出せば移籍市場がどう動くかわからない。故に彼の発言には注目が集まり、ターゲットとされた選手の所属クラブは慌てさせられる。

元々会社の経営を本業とするペレスは、選手の獲得だけでなく、練習場の整備やクラブを挙げてのプロモーション活動にも積極的だ。前述の銀河系軍団の結成や多方面でのペレスの経営手腕の発揮が、マドリードのブランド力向上を牽引していると言ってよい。

選手だったジダンを監督に迎えてからのマドリードは、リーグの制覇やCLの連覇を飾るなどまた強くなった。選手層も厚く、2度目の銀河系軍団の結成も夢ではない。マドリードのブランド力とペレスの行動力をもってすれば、どんな難しい交渉も決まるだろう。

おすすめの記事