「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【立ち上がる貴公子】神の子と呼ばれた男、フェルナンド・トーレス

2017 9/13 14:03dai06
フェルナンド・トーレス選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

必然的で天才的!フェルナンド・トーレスとアトレティコ・マドリード

フェルナンド・トーレス選手(以下、敬称略)は、1984年3月20日生まれのスペイン人FWで、生まれはマドリードだ。

5歳の頃から小さなチームでボールを蹴っていた彼は、アトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)サポーターの祖父を持ち、彼の熱狂ぶりに影響される形で地元クラブでもあるアトレティコのサポーターとなった。

1995年、11歳の頃にはそのアトレティコのユースに加入し、天才的なポテンシャルを発揮すると、ユースのカテゴリーを次々と突破し、3年後には名門クラブのユースの選手たちが集まるナイキ主催の大会で優勝。商品としてスパイクを受け取り、30代を迎えた今でも同ブランドのスパイクを愛用し続けている。
トーレスはそのルックスの良さからも、企業としての広告塔として有名だ。ナイキの新スパイクが発売される際にも、トーレスが履いて広告に登場することがままある。

2001年には、アトレティコのトップチームにデビュー。2001-02シーズンは36試合で6得点だったものの、アトレティコはリーガの1部に昇格。2002-03シーズンのトーレスは調子を上げ、29試合で13得点を記録。翌2003-04シーズンには1、19歳ながらキャプテンも務めて35試合19得点を記録。アトレティコを代表する選手として急成長した。

愛称は神の子を意味する「エル・ニーニョ」であり、彼は後の自伝にも『フェルナンド・トーレス 神に選ばれたストライカー(日本語版)』というタイトルをつけている。

ストライカー量産クラブのアトレティコ

2000年代に入ってからのアトレティコは、有望なストライカーがよく育っている。
トーレスはその筆頭だが、他にも2006年にやってきたセルヒオ・アグエロ選手、2007年のディエゴ・フォルラン選手、2011年のラダメル・ファルカオ選手、2007年に加入し2010年からブレイクしたジエゴ・コスタ選手などがいる。

彼らはプレースタイルも様々だが、いずれも得点を積み上げることに関しては一流だった。貪欲にゴールを狙う姿勢は、リーガ・エスパニョーラの他クラブを脅かし続けてきた。

しかし、アトレティコがいくらストライカーに恵まれようとも、タイトルにはなかなか手が届かなかった。 それはいつの日も、ストライカーがブレイクする度に、他のクラブに奪われてしまうからだ。
2007年にはトーレス選手もその1人となる。彼を獲得したのはプレミアリーグのリヴァプールFC(以下、リヴァプール)だった。

おすすめの記事