「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばろまい!】岐阜県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカー,試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

岐阜県のサッカー部といえば「岐阜工業高校」の名が挙がるが、岐阜工業高一強時代が終わりを迎えようとしている。「帝京可児高校」や「大垣工業高校」など着実に力をつけた高校が台頭してきているのだ。岐阜県は今、どの高校が全国大会に出場してもおかしくない激戦区となっている。

プロも輩出する県内屈指の強豪校「岐阜工業高校サッカー部」

現在、名古屋グランパスで活躍する荻晃太選手(GK)やFC岐阜で活躍する益山司選手(MF)などを輩出している「岐阜工業高校」。
岐阜県の強豪校として全国高校サッカー選手権大会に過去25回出場、準優勝1回、4回のベスト8進出など、岐阜県の高校サッカー界を牽引している存在といっても過言ではない。
全選手がハードワークで守り、ここぞという時には全員で攻める、“堅守速攻”が伝統のプレースタイル。 ここ10年は選手権に出場しても1回戦や2回戦敗退が多い岐阜工業高校サッカー部。しかし、この堅守速攻を武器に全国制覇を目指してほしい。

自主と自立を重視して心技体を磨く「各務原高校サッカー部」

全国高校サッカー選手権の第94回大会(2015年)で4度目の出場を果たした「各務原高等学校サッカー部」。
11年ぶりの出場ながらベスト16まで勝ち進むなど、「各務原高校サッカー部」の名を全国に知らしめた。
部員数は1年生から3年生合わせて60名ほどと、強豪校の中では決して多い方ではないが、“厳しいトレーニング”と“楽しいゲーム”をコンセプトに、自主と自立を重視して心技体を磨き、全国大会上位進出を狙う。

おすすめの記事