「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばりゃあ】 愛知県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
ドリブル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

東海地方の中でも好成績を収めている愛知県。名古屋グランパスエイトの選手たちのホームタウン活動により、サッカーが身近に感じられる土地だ。そんな愛知県内でサッカー強豪校とはどこなのだろうか。
全国区の有名校から県大会ベスト入り常連校までの5校をピックアップして紹介する。

元Jリーガー岡山監督率いるサッカー部 中京大中京高校

巧さと闘争、そして更なる躍進の可能性秘める「愛知の雄」と呼ばれ、ここ約10年間で7度となる全国選手権出場を遂げている。
プロスポーツ界から学生教育へと活躍の場を移したOBでかつての“ミスターグランパス”岡山哲也監督の就任5年目となる年には夏冬大会連続で愛知制覇を果たし、試合では追いつかれながら再び相手を突き放す地力の強さを相手高校へ見せつけた。
アイディアを交えたトリッキーな仕掛けでいかなる状況をも打破し、巧さに加えてスタミナ共に堂々と戦える選手たちに注目だ。

優勝候補に名乗りを上げる愛知県の新星 東海学園サッカー部

かつて名古屋グランパスエイトやヴィッセル神戸などでプロのサッカー選手として活躍していた鶴田道弘さんを迎え、新監督の指揮の下、なんと創部4年目にして新人戦、高校総体、そして高校サッカー選手権の三冠を果たす輝かしい快挙を成し遂げた。
まだまだ若いチームだが、ここ数年間は愛知の強豪校として君臨している。また東海学園大学男子サッカー部には、同高校のサッカー部出身者約40名が所属しており、高校と大学の合同トレーニングやグラウンドを共有して行う個人練習など、積極的な交流が行われそれぞれの選手たちに良い影響を与え合っている。

伝統の赤ダスキ、伝統校愛知県立刈谷高校サッカー部

県内屈指の進学校ながら学業と部活動の両面で優秀な成績を残す文武両道を実現させ、同校男子サッカー部はこれまでに全国選手権で準優勝2回、インターハイでは準優勝1回という優秀な戦績を誇っている。
白地に真っ赤な襷が描かれているユニフォームは、『刈谷高校伝統の赤ダスキ』と呼ばれ、高校サッカーファンなら誰もが知っている伝統校だ。
平成10年度に出場した以来出場の途絶えてしまっている全国選手権に向けて、想いを一つに日々練習をしている。3年生や過去のOB達の強い想いに牽引された赤ダスキ軍団の織りなすどんな状況の際でも圧巻の試合運びをするプレーからは目が離せない。

愛知県トップレベルの攻撃力 東邦高等学校サッカー部

東邦高等学校は文化部・運動部とも盛んであり、様々な大会やコンクールで優秀な成績を収めている。サッカー部は大正14年に創部された伝統ある部活動の一つである。
パワフルで攻撃的なサッカーは愛知県内でもトップレベルの力を持っており、総体に連続出場を果たすなどその実力を見せつけている。攻撃のバリエーションやセットプレーの工夫、そして試合運びの緩急のつけ方など対峙する相手に応じたサッカーをするのが特徴だ。

ボールを支配するサッカー 愛知工業大学名電高等学校サッカー部

愛工大名電と親しみを込めて呼ばれることが多く、こちらは愛知県では他にないようなサッカーをするチームだ。ボールのキープ力と早いボール回しなどのテクニックがとても高く、スイッチプレーの様な多彩な技を多く使うのが特徴である。
相手高校には点差以上に力の差を感じさせる試合をしており、応援する側にも力が入る。またプレイしている彼らもとても楽しそうなのだ。エンブレムはチームカラーのパープルで彩られた盾の中に、校名である名電の頭文字「M」をあしらっており、「羽ばたく翼」をイメージしたものだ。

まとめ

高校サッカーといって思いつくのは、高校生らしいパワフルな頼もしい若さ溢れる応援と、負けた選手達の悔し涙。
勝つ者がいれば負けるものがいる、そんな中で戦う彼らの活躍を今後も期待していきたい。

関連記事

おすすめの記事