「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【元祖サッカー王国】静岡県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカー キック
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

清水エスパルスとジュビロ磐田という2つのビッグクラブを持つ静岡県は、日本一のサッカー王国といっても過言ではない。Jリーガーを多数輩出している静岡県の高校サッカーはレベルが高い。その中で強豪校といわれる学校を5校紹介したい。

静岡サッカーの伝統校「藤枝東高等学校」サッカー部

藤枝東高校は静岡県藤岡市に位置する県立高校だ。サッカーのまち・藤枝を代表する存在で、男子学生は全員サッカーシューズをもっていたり、地域住民が練習を見に来るなどサッカー文化が根付いている。昭和初期からサッカー部は全国大会で強く、1968年メキシコ五輪の銅メダルメンバーも輩出している。
全国高校選手権には24回出場し、優勝4回、準優勝3回、ベスト4に5回という成績を残している。現日本代表でキャプテンを務める長谷部誠選手の母校としても有名だ。

キングカズの母校「静岡学園高等学校」サッカー部

静岡市葵区にある静岡学園高等学校は「静学(しずがく)」と呼ばれ、緑と黄色の静学カラーは高校サッカーファンにはおなじみとなっている。カズこと三浦知良選手の母校としても有名だ。
全国高校選手権には11回出場し優勝1回、準優勝1回、ベスト4に1回という成績を残している。全国ユース選手権でも準優勝1回、ベスト4に1回を果たしており、高校サッカーの中でも高い個人技と多彩なパスワークを主体としたチームとして存在感を放っている。

おすすめの記事