「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【がんばんねや】福井県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカー,ドリブル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

福井県の高校の部活動ではバスケットが有名ですが、サッカーにも強豪校がひかえています。
今回は地方の高校サッカー事情を知りたいサッカーファンの方々へ、福井県の高校サッカー界の強豪校についてご紹介したいと思います!

県立丸岡高等学校サッカー部

県立丸岡高等学校は坂井市丸岡町にある今年で創立103年を迎える歴史ある学校です。福井県の高校サッカー界では代名詞のような存在で、県民なら「福井のサッカー=丸岡」とすぐに答えるほどの強豪です。
冬の選手権、夏のインターハイ、ユースリーグなど、毎年の全国大会で福井県代表の常連的存在となっており、県内の他校は「丸岡に追いつけ追い越せ」をスローガンに練習に励んでいます。Jリーガーを10名近く輩出するなど、日本サッカー界に対する貢献という点でも優れた成績を残している高校です。

福井工業大学附属福井高等学校サッカー部

福井工業大学附属福井高等学校は福井市にある1949年開校の新しい学校です。「日本文化を愛する有為で献身的な社会の形成者たる人材を育成する」を教育理念としている本校は、まだ歴史が浅いにもかかわらず、部活動でも良い成績を残しています。県内では初めて女子硬式野球部を創設するなど、スポーツ分野での活動は特に盛んです。
サッカー部は平成28年の夏のインターハイ県予選で見事優勝、福井県代表として全国の強豪と戦う予定です。OBではまだ著名な選手は輩出していませんが、これからの躍進が大いに期待できる学校のひとつです。

北陸高等学校サッカー部

北陸高等学校は福井市にある中高一貫の私立高校で、2016年で創立136年を迎える伝統ある学校です。全国で5校しかない仏教系の学校としても知られています。部活動では全国優勝を何度も重ねているバスケットボール部が有名ですが、そのほかの活動も盛んです。
サッカー部でも県内の予選では常に上位に顔を出す強豪であり、2011年から2015年まで5年連続で、夏のインターハイ・冬の選手権の両方で決勝または準決勝に進む素晴らしい活躍を見せています。元日本代表の水沼貴史氏(JFA公認S級コーチ)がコーチを務めているのも、チーム躍進の秘密の一つといえるかもしれません。

県立高志高等学校サッカー部

県立高志高等学校は福井市にある中高一貫教育を行う高校です。スーパーサイエンスハイスクール、スーパーグローバルハイスクールに指定されるなど、教育分野では県内の最先端を行く学校であり、毎年入学試験では高い競争倍率を競っています。部活動も大変盛んで、文科系・体育系をあわせて50以上もの部があり、全国的に優秀な成績を残している部もあります。
サッカー部は県内でも有数の強豪で、県予選では上位常連校のひとつです。2016年の夏のインターハイ県予選で県内トップ校である丸岡高校を破り、決勝に進みましたが惜しくも準優勝に終わりました。

県立福井商業高等学校サッカー部

県立福井商業高等学校は、福井市にある1908年創立の歴史ある商業高校です。運動部のなかでは野球部の存在感が頭ひとつ抜けており、夏の甲子園の県予選で20年連続県代表になるなど、野球史に残る成績を残しています。
サッカー部も強豪のひとつで、2015年の夏のインターハイ予選ではトップ校の丸岡高校を撃破し決勝に進みました。また同年の新人戦では丸岡高校を破って見事優勝しています。OBにはまだ著名選手は出ていませんが、これからの躍進が大いに期待できる高校の一つです。

まとめ

いかがでしたか。福井県の高校サッカーは、丸岡高校がトップ校として頭ひとつ抜けた存在です。しかし、そのあとに続く福井工業大附属や北陸高校、高志高校など強豪校も数多くあり、互いに切磋琢磨をしています。これからの福井県高校サッカー界に要注目です。

以上「【がんばんねや】福井県のサッカー強豪校5選」でした。

関連記事

おすすめの記事