「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【みやましー!】長野県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカーボール、コーナー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Pincasso/Shutterstock.com

全国屈指の人気チーム松本山雅FCやライバルAC長野パルセイロがある長野県は、サッカー熱が盛り上がる是非チェックしておきたい地域である。高校サッカーも負けてられないぐらい盛り上がるのだ。今回は長野県の強豪校を5校紹介しよう。これから紹介する5校はこれからの全国選手権の県大会に出場する。このコラムを読んで高校サッカーの知識を増やそう。

110年以上の歴史を誇る 松商学園高等学校

起源となった私塾で高校野球の名門校としても知られる長野県松本市にある松商学園高等学校は明治31年(1898年)の開学と110年以上の歴史を誇る長野県有数の伝統校である。
サッカー部では平成以降全国大会の常連となり全国高校サッカー選手権94回の歴史の中で長野県最多となる13回の出場を誇る。
松商学園のOBとしては現在J1に定着しているサガン鳥栖の中盤をJ2時代から長年支え続けている高橋義希選手がいる。

古豪 長野県松本県ヶ丘高等学校

長野県松本市県(あがた)にある長野県松本県ヶ丘(あがたがおか)高等学校は、全国高校サッカー選手権で長野県最高成績となるベスト8に2度、全国高校総体では3位にも輝いた事がある長野屈指の名門校である。
サッカー部は学校創設と共に創部され長野県の高校サッカーを牽引。1960年代に黄金期を迎える。近年は全国大会の切符を獲得できていないが、長野県の高校サッカーを語る上では外せない高校の1つである。
OBには横浜F・マリノスの監督やフロントとしても長年尽力した下條佳明氏がいる。

おすすめの記事