「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【サッカーの影の支配者】私たちが知っておくべき代理人の5つのこと

2018 1/3 12:07dada
sign desk
このエントリーをはてなブックマークに追加

1、移籍は選手本人だけが決めることではない

サッカー選手のキャリアで、必ずつきまとうのが移籍の問題だ。選手はキャリアのさらなるステップアップ、出場機会の確保や自分の好きな土地でプレーすることを求めて移籍を決断する。

しかし、その移籍に決断を下すのは選手本人だけではない。

選手にはそれぞれ「代理人」と呼ばれるスタッフが存在する。この代理人が選手の移籍先を斡旋したり、契約条件の調整等の事務的なサポートを行う。

仮に選手が移籍したいと願ったとしても、その選手の移籍先となるクラブの候補なくして移籍を検討することはできない。
そういった時に代理人がクラブに売り込みをかけたり、自身の顧客である監督のいるクラブに掛け合ったりすることがある。代理人は選手だけではなく監督も顧客に持つことがあるため、太いコネクションを持っているからだ。

だが、この代理人のコネクションは良い意味でも悪い意味でも「働いて」しまう。代理人はこのコネクションを武器にクラブを相手取り、選手の移籍金や給与のつり上げを行うといった所謂「ビジネス」を行う。クラブはクラブとしての伝統やポリシーを貫きづらくなるため、代理人の存在を嫌う傾向にある。

2、最も有名な代理人!メンデス&ライオラ

サッカー界で極めて著名な代理人が2人存在する。それがミノ・ライオラ氏(以下、敬称略)とジョルジュ・メンデス氏(以下、敬称略)だ。

ライオラはイタリア人の代理人で、イタリアにルーツを持つ選手を大勢顧客に持っている。ACミラン(以下、ミラン)で活躍したズラタン・イブラヒモヴィッチ選手、同じくミランでの将来が期待されているジャンルイージ・ドンナルンマ選手(以下、敬称略)、FCユヴェントスでブレイクしたポール・ポグバ選手もライオラの顧客だ。

代理人は多くのスター選手を顧客に持つことで、その選手たちがクラブと結ぶ契約に発生する高額の手数料を得る。その額は時として十数億円にもなる。

メンデスはポルトガル人の代理人で、やはりポルトガルにルーツを持つ選手を大勢顧客に持つ。リスボンで生まれた彼は、そのリスボンの地元クラブであるスポルティングCPの選手たちを手がけていった。クリスティアーノ・ロナウド選手はその筆頭だ。彼の他にもハメス・ロドリゲス選手やレナト・サンチェス選手、リカルド・クアレスマ選手などポルトガルのリーグに縁のあるスター選手が名を連ねる。

また、名将とされるジョゼ・モウリーニョ監督(以下、敬称略)を顧客に持っている。そのため、移籍市場が開かれればモウリーニョとメンデスの周辺は騒がしくなる。前述したように、彼らのコネクションを通じて、様々な選手の移籍が取り沙汰されるからだ。

おすすめの記事