「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界のサッカー界における背番号11番の特徴とJリーグでの傾向

2017 8/25 10:07Aki
サッカー 11番
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号11番

日本ではストライカーがつける番号というイメージの強い背番号11番。
これは世界的に見ると比較的珍しいイメージだ。 世界の中で11番といえば、ドリブルを得意とするサイドアタッカーというイメージが強く、その選手が得意なのは特に左サイド。11番といえば左サイドアタッカーというのが世界的な風潮でもある。
ではなぜ、世界では11番がサイドアタッカーの番号となったのか、そしてその中でも日本ではなぜストライカーの番号として認められるようになったのか。
背番号11番に関するあれこれを世界のサッカーの歴史や、2017年現在のJリーグをも含めて考察してみよう。11番には様々な歴史がある。

左サイドアタッカーがつける番号

サッカーでは1990年代までは変動番号制が取られていた。変動番号制とは、選手がつけている背番号はシーズンを通して予め決められたのではなく、試合ごとに先発する11人が1番から11番をつけるという仕組みの事だ。変動番号制の頃は、背番号が表すのは選手個人ではなく、ポジションの事だった。
その中で11番のポジションは左サイドの攻撃的選手。これはサッカーが広がっていった時代に使われていたフォーメーションが2-3-5という、ディフェンス2人、ミッドフィールダー3人、フォワード5人というフォーメーションだったためだ。
この2-3-5のフォーメーションに対して番号はゴールキーパーから、そして同じポジションでは右から順番に1番、2番と続いていったため、11番目となる最後の番号は、ゴールキーパーから最も遠い、左サイドの前線の選手につけられていた。
その後サッカーのフォーメーションは4-3-3や4-4-2へと変化していくこととなるのだが、11番の根本的な位置は変わらず、左サイドの攻撃的な選手がつける番号となったのだ。

おすすめの記事