「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

背番号7番の世界的傾向とJリーグ

2017 8/25 10:07Aki
サッカー 7番
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号7番のイメージ

背番号7番といえばどんな選手を思い浮かべるだろうか。ガンバ大阪だけでなく日本代表でも長きに渡って7番をつけてプレーしていた遠藤保仁選手が、近年では最も知られているところかもしれない。またジュビロ磐田では現在監督と務める名波浩氏が現役時代に背負っていた番号で、現在のジュビロ磐田では名波氏と同じ左利きのプレーメイカー上田康太選手が背負っている。
この様に遠藤選手や、名波氏の影響により守備的ミッドフィールダーの位置でゲームをつくる選手が背負うイメージもある背番号7番だが、これは世界的にみると非常に珍しいケースである。
背番号7番のプレーヤーとはどういう選手なのか。
サッカーの歴史から、現在のJリーガーまでを含めて考察してみよう。

7番というポジション

サッカーではポジションを番号で表す事がある。 これは1990年代ごろまで、◯◯選手の背番号は◯番という現在の固定番号制ではなく、その試合に先発する選手が1番から11番をつけるという変動番号制だったためだ。以前の背番号は選手を表すものではなく、ポジションを表すものだったのだ。
ただ、この方式の複雑なところは、それぞれの国や地域によって同じ番号でも違うポジションを指していた。
サッカーは長い歴史をかけてそれぞれの国や地域で進化してきたスポーツであったため、同じ4番でもヨーロッパでは守備的ミッドフィールダーのポジションを指す一方で、南米ではセンターバックやサイドバックを指す番号だった。
これはそれぞれの国で起こったフォーメーションの進化と密接な関係にある。
そんな中でも7番は、フィールドプレーヤーの番号としては珍しく、ヨーロッパでも南米でもほとんど同じポジションを指す番号となっている。そのポジションとは攻撃的な右サイド。
フォーメーションの多様化により少しずつのずれはあるが、7番は右ウイングや右サイドハーフ、2トップの右などいずれも右サイドの攻撃的な選手がつける番号となっている。

おすすめの記事