「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

守備的ミッドフィールダーがつける番号からJリーグを考察する

2017 8/25 10:07Aki
サッカー 番号
このエントリーをはてなブックマークに追加

背番号とポジションの関係を探る

サッカーの強豪国では、選手のポジションの事を番号で表す事がある。
これは、1990年代に入るまで背番号が現在の様な固定番号制ではなく、先発の選手で1番から11番を振り分ける変動番号制だった事に由来している。今でもセンターフォワードの事を9番タイプという呼び方をする事もあるのはその名残りと言えるが、1990年代までは背番号は選手を表すものではなくポジションや役割を表すものだった。
しかし、この番号でポジションを表す方法は少し複雑である。というのも、この番号とポジションの関係が国によって異なるからだ。
これは、サッカーの進化の歴史によって起こった現象で、1800年代中盤にイングランドから世界中にサッカーという競技が伝わると、それぞれの国で独自に発展していった事の証拠でもある。
この国によって異なる番号とポジションの関係。これを各チームに落とし込むと、それぞれのチームや選手のルーツや歴史、影響を受けた国などが見えてくる。

サッカーの中心的なポジション守備的ミッドフィールダー

ボランチやピボーテなど様々な呼び名を使われる守備的ミッドフィールダーというポジション。 このポジションはチームの中心に位置することから、サッカーではとりわけ大切なポジションとも言われる。
2017年にJ1で戦う18チームは、この守備的ミッドフィールダーに何番をつけた選手を起用しているのだろう。 2017年のシーズン前半戦(第17節まで)で、各チームの守備的ミッドフィールダーとして半分以上となる9試合に先発出場した選手の背番号を調べてみる。
Football LAB(http://www.football-lab.jp)によると、センターハーフという分類で17試合以上に先発した選手は32人いる。
その中で2番から11番までの番号を付けている選手は19人。それぞれの番号に分けると 4番:2人、5番:1人、6番:4人、7番:4人、8番:4人、10番:4人 となっている。

おすすめの記事