「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【おもしろ半島ちば】千葉県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
千葉県
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by JAMEKORN BOOTUNG/Shutterstock.com

千葉県の高校サッカーファン必見!
全国高校総体では2番目に多い11回、全国高校サッカー選手権では5番目となる8回の優勝を誇る千葉県はチェックしておきたい地域だろう。今回は、千葉県のサッカー強豪校5校をご紹介しよう。

全国屈指の強豪校 船橋市立船橋高等学校

「市船(イチフナ)」の愛称でお馴染みの船橋市立船橋高等学校は全国高校総体では全国最多となる8回の優勝、全国高校サッカー選手権では5番目となる5回の優勝を誇るサッカー強豪校の1つで、青のユニフォームは全国的に知られている。
出場した世界大会などの招待大会やプリンスリーグなどを含めると全国最多のタイトルを獲得しているチームだ。

「市船」が強くなったのは日本代表監督にも就任する1984年に布啓一郎氏が監督に就任してからであり、1985年には全国高校総体に初出場初優勝を果たしている。
また2003年度のチームは天皇杯本戦に出場し当時のJリーグ王者である横浜F・マリノスに対してPK戦で敗れたものの2-2で延長戦を含めた120分間戦い抜いた姿は大きなインパクトを与えた。
Jリーガーも多数輩出しており、元日本代表の北嶋秀朗氏や鹿島アントラーズの中村充孝選手がOBだ。

高円宮杯チャンピオン 流通経済大学付属柏高等学校

千葉県柏市にある流通経済大学付属柏高等学校は2000年代に入り急速に頭角を現してきた私立高校だ。きっかけとなったのは習志野市立習志野高校で元日本代表の玉田圭司選手らを指導した本田裕一郎氏が監督に就任したことである。

全国高校総体、全国高校サッカー選手権での優勝回数は共に1度ながらも、2011年にはJリーグのユースチームも参加する高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグのイースト代表としてチャンピオンシップに出場し見事優勝。現行の形式になってからは唯一の高校チームの優勝チームである。
多数のJリーガーを輩出しており日本代表の林彰洋選手や柏レイソルのキャプテン大谷秀和選手、清水エスパルスのエース大前元紀選手らがOBだ。

おすすめの記事