「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【北関東のサッカーどころ】群馬県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 05:15
サッカー部練習風景
このエントリーをはてなブックマークに追加

ザスパクサツ群馬の拠点地である群馬県は、県全内がザスパクサツ群馬のホームタウンである。北関東有数のサッカーどころと言っても過言ではない。
キッズからシニアまでサッカーを楽しむ群馬県内で、サッカー史に名を残す名門校はどこなのだろうか。名門から急速に力をつけてきた学校など、全5校を紹介する。

冬の選手権21回出場の強豪校!「前橋育英」サッカー部

群馬県前橋市にある前橋育英高校は、冬の選手権出場回数21回を誇る群馬県サッカー界の名門だ。部員数は3学年合わせて170名以上。全国から有能なサッカー選手たちが集まり、日々しのぎを削っている。
高校サッカー界の名将・山田耕介監督が率いる名門は、群馬県民みんなから愛されており、「上州のタイガーブラック」という愛称がついている。同校卒業のJリーガー数は県内一。山口素弘や松田直樹といったワールドカップ経験者、細貝萌(ブルザスポル/トルコ)や青木剛(鹿島アントラーズ)など、日本代表に選出された経験を持つ選手も多く輩出してきた。
第96回目となる選手権大会では、流通経済大柏を1-0で破り見事に初優勝を飾った。この快挙は群馬勢としても初めてのことであり、その試合内容も素晴らしいものであった。群馬県に限らず全国に名を轟かせた名門に今後も目が離せない。

前橋育英を脅かす最強の対抗勢力「桐生第一」サッカー部

桐生市にある桐生第一高校は、リオデジャネイロオリンピック出場が期待される鈴木武蔵(アルビレックス新潟)の母校として知られている。
田野豪一監督のもと「チームはひとつ」をモットーに、近年すさまじい勢いで実力をつけており、前橋育英の牙城を脅かす最強の「対抗勢力」としての存在感を確かなものにしている。最近10年間の成績に目を向けると、全国高校総体および冬の選手権で、それぞれ2度の全国大会を経験。群馬県新人戦でも2度の優勝を収めている。
2017年末には、悲願となる関東プリンスリーグへの昇格を果たした。来年からは、前橋育英と同じ舞台での勝負となる。強豪の中でもまれながら、より力をつけて県内のみならず全国で活躍するチームになっていくことに期待したい。

おすすめの記事