「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカー選手としてプレーの選択肢を広げるボディフェイント

2017 7/12 14:39Aki
サッカー,イニエスタ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by LevanteMedia / Shutterstock.com

ドリブルテクニックには様々なものがあるが、その中でも他のテクニックとは異なる特徴をもつのがボディフェイント。このプレーが得意な選手に共通しているのは様々な選択肢を持っているということだ。そこにある共通点を探ってみよう。

ボディフェイントの最大の特徴はボールに触らないこと

ボディフェイントとはその名の通り身体を使ったフェイントだ。このテクニックで特徴的なのはボールに触らないで行うプレーということだろう。
ダブルタッチやエラシコ、ルーレットなどドリブルには様々なテクニックがある。当然ながらそのほとんどはボールを触って何をするかというものだが、このボディフェイントはその中でも数少ないボールを触らないテクニックの1つ。そして足よりも上体の動きで相手を惑わせるという技だ。
ボールを触らないで相手を翻弄するのはどういうことなのか、言葉だけではちょっとイメージしにくいかもしれないが、そこには重要なテクニックが隠されている。

ボディフェイントを使いスルスルとボールを運ぶイニエスタ選手

現在のサッカー界で最も効果的にボディフェイントを使っているのは、スペイン代表そしてFCバルセロナで中心選手のアンドレス・イニエスタ選手だろう。
ヨーロッパでは、ドリブルは突破するドリブルとボールを運ぶドリブルの2つに大きく分けられており、イニエスタ選手の母国スペインでは前者をレガテ、後者をコンドゥクシオンとそれぞれ名前があるほど区別されている。
そしてイニエスタ選手が得意としているのが、後者のボールを運ぶコンドゥクシオン。この時に派手な足技を使うでもなく、スルスルとボールを運ぶ姿が見られる。
イニエスタ選手がこのコンドゥクシオン中に行っているのが上体を使ったボディフェイントで、これにより相手はタイミングをずらされボールを運ばれてしまうのだ。

おすすめの記事