「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ネイマール選手らが魅せるサッカー超絶テクニック、ヒールリフト

2017 7/12 14:39Aki
サッカー,ネイマール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jefferson Bernardes / Shutterstock.com

ドリブル中に踵を使ってボールを蹴り上げ、自分の後ろから相手の頭上を越して突破するという、遊び心満載の大技・ヒールリフト。そのテクニックのルーツや得意な選手について紹介する。

サッカー少年なら誰もがチャレンジする大技

サッカーのドリブルテクニックは色々な種類のものがあるが、その中でも最も派手なプレーの1つがヒールリフトだ。フェイントの基本は「相手の逆をとる」ことだが、このヒールリフトに限っては逆もなにもなく、また見た目の派手さもあり、ドリブルの中でも大技のひとつだ。
実際の試合でチャレンジできる機会はそれほどなく、またボールを見ずに踵を使って蹴る事になるため思い通りの場所にボールをコントロールする事も難しい。難易度の高いテクニックだが、サッカーをプレーした事のある人ならば誰しもが練習をしたことがあるのではないだろうか。

見た目の派手さでマンガでも大人気

ヒールリフトは、最もシンプルなドリブルテクニックである切り返しなどとは異なり、通常のプレーとは全く異なる動きをするため必殺技としてわかりやすく、サッカー漫画でも大人気のプレー。
もはや伝説のサッカー漫画とも言える「キャプテン翼」の大空翼くんや、1990年代に絶大な人気を誇ったサッカー漫画「シュート」でも主人公の1人である平松和広くんが得意としていた。
このプレーはかなり難易度が高いので実際に見られる事はほとんどないが、こうやって漫画で必殺技のように取り上げられる事で、日本では特に人気を集めるテクニックとなっていったのだろう。

おすすめの記事