「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いったい誰だ?】クライフターンが得意なサッカー選手を解説!

2017 7/12 14:39dada
サッカー,インシーニェ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marco Iacobucci EPP / Shutterstock.com

サッカーのドリブルスキルの1つである、「クライフターン」が得意な選手について紹介していく。 クライフターンの概要や使いどころについても触れていく。 サッカー好きな方はぜひご覧ほしい。

サッカー界の宝!ヨハン・クライフという男

クライフターンは、その名の通り、ヨハン・クライフ氏が生んだスキルだ。 オランダ代表で「フライング・ダッチマン」と呼ばれた彼は、「トータルフットボール」と呼ばれたサッカーで類まれな活躍を見せた、サッカー史に偉大な功績を残した選手だ。
FCバルセロナにおいては、ティキ・タカの哲学を浸透させ、下部組織やチームの運営方針を一新。FCバルセロナを美しく強く観ていて面白いチームに育て上げた。彼がサッカー界に遺した功績は一言で済ませられるようなものではなく、宝とも言うべき存在だった。 そんな彼は、2016年3月に帰らぬ人となった。彼の生家には多くの花束が寄せられた。

クライフターンとは何か?マルセイユルーレットとの違いとは

クライフターンは、ボールを大きく蹴り出すと見せかけて、ボールへの進入方向とは逆の方向に身体を斬り返すスキルだ。クライフターンのターンは切り返しを意味する。実際に見てみるとよくわかるのだが、一見すると普通のキックフェイントと大差はない。
ただ、選手によってその切り替えしの速度に違いがあり、タイミングの正確性にも違いが生まれる。
よくマルセイユルーレットとの違いがわからないという方が多いのだが、2つのスキルはまったくの別物だ。マルセイユルーレットは、足裏でボールをコントロールしつつ相手と対峙する瞬間に背中を入れ、そして回りながらもう一方の脚でボールを蹴り出して前へ進む。違いには注意したい。

おすすめの記事