「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いったい誰だ?】マルセイユルーレットが得意なサッカー選手を解説!

2017 7/12 14:39dada
サッカー,ジダン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Eoghan McNally / Shutterstock.com

サッカーのドリブルスキルの1つ「マルセイユルーレット」。今回はこれが得意な選手について紹介していく。 マルセイユルーレットを使うのはどんな時?各選手はどのようにこの妙技を活かしているのだろうか。サッカー好きの方は必見だ!

マルセイユルーレットは回る!クライフターンは回らない?

マルセイユルーレットとは、相手と対峙する瞬間に背中を入れ、足裏でボールをコントロールしながら半回転、そしてさらに半回転しながらもう一方の脚でボールを蹴り出して前へ進むというドリブルスキルだ。華麗な見た目のテクニックだが、ボディバランスに優れた選手でないとバランスを崩して倒れてしまうこともあり、そうなると一気に情けないものになってしまう。
クライフターンとの違いがわからないという方が多いのだが、2つのスキルはまったくの別物なので注意しよう。クライフターンは、ボールを蹴り出すと見せかけて実際には蹴らず、蹴ろうした方向とは逆方向に身体を斬り返すスキルだ。マルセイユルーレットのように回転はしない。クライフターンのターンは切り返しを指す。

呼び名は色々!ジネディーヌ・ジダンが命名者?

マルセイユルーレットには、さまざまな呼び名がある。ジネディーヌ・ジダン氏が得意としたことから「ジダン・ターン」や、彼の出身地であるマルセイユからとった「マルセイユ・ターン」、同じく得意としていたマラドーナ氏にちなむ「マラドーナ・ターン」などもある。結果的にはジダン氏が「ルーレット」と呼んだことから、日本では「マルセイユルーレット」という名が定着した。
ジダン氏のマルセイユルーレットは、精度の高さはもちろんのこと、スキルを発動させるタイミングや局面の見極めも素晴らしい。相手選手を抜き去った後は、ジダン氏が完璧にフリーになっているような場面も多かった。

おすすめの記事