「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いったい誰だ?】ダブルタッチが得意なサッカー選手を解説!

2017 7/12 14:39dada
サッカー,イニエスタ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Christian Bertrand / Shutterstock.com

サッカーで用いられるテクニック「ダブルタッチ」。今回はこれが得意な選手を紹介していく。 彼らはどのようにその妙技を活かし、チームに貢献しているのだろうか。奥深いテクニックの素晴らしさをご堪能あれ!

ダブルタッチとは躍ることと見つけたり!

ダブルタッチとはドリブルスキルのひとつ。その名前の通り、ボールに2回触れて行うものだ。相手選手と対峙した時に、両足の間でそれぞれボールを軽く弾き、相手の動きを引き付けた瞬間に抜き去る。そのわずかではあるものの繊細な動きは、躍っているかのようにも見える。
このテクニックは、足元が柔らかく使えるだけでなく、相手選手の動きを見抜く洞察力がなくては活かすことができない。他のドリブルスキルに比べれば一見地味に思えるが、上手く決まれば相手選手を置き去りにすることができる。

やはりこの人!アンドレス・イニエスタ

ダブルタッチが上手い選手としてまず挙がるのが、スペイン代表やFCバルセロナで活躍するアンドレス・イニエスタ選手だ。
イニエスタ選手は優れた戦術眼とパス技術で、FCバルセロナの攻撃を縁の下から支える重要な存在だ。それ以外にドリブルも得意としており、相手選手を手玉にとる場面も多い。
ただ、そのドリブルは圧倒的なスピードや超絶技巧といった類ではなく今回取り上げているダブルタッチのような目立たないが効果的なテクニックを用いたもの。ダブルタッチで相手の寄せに生じたズレをついて突破や決定的なパスを繰り出していくのだ。

神の子は何でもできる!リオネル・メッシ

イニエスタ選手の同僚で、神の子として崇められるリオネル・メッシ選手。彼もダブルタッチを得意としている。
メッシ選手がダブルタッチを使う時は、主に相手選手の間隙を縫う時だ。大半の選手であれば通り抜けるのが難しそうな狭い空間も、メッシ選手であればダブルタッチを使って、するすると抜け出すことが可能だ。 ダブルタッチをしている素振りはごく自然で、まったく隙がない。気付いた時にはメッシ選手は相手の後ろに抜け出ており、そのままメッシ選手は相手ピッチを切り裂いていくのだ。

意外に得意?エディンソン・カバーニ

絶対的エースのズラタン・イブラヒモヴィッチ選手がいなくなったパリ・サンジェルマンFC。このチームで攻撃力を爆発させているのが、エディンソン・カバーニ選手だ。
彼は類稀なゴールへの嗅覚を武器に、次々と得点を重ねていく生粋のストライカー。そのため、そのシュートスキルばかりに注目されがちだが、ドリブルスキルもなかなかのものだ。特にイブラヒモヴィッチ選手が同僚だった頃には、中央ではなくサイドに置かれることも多かったため、ドリブル突破することが求められていた。
サイドではダブルタッチを使い、タフなフランスリーグの選手を相手のディフェンスを突破。そして持ち前のシュートスキルで相手ゴールを脅かす、というスタイルを持っている。

ブラジルの貴公子!カカ

貴公子やリッキーの愛称で親しまれるカカ選手も、ダブルタッチを得意としている。
ブラジルのサンパウロFCでブレイクして以降、ACミランやレアル・マドリードCFなどで才能を発揮。正確かつ圧倒的なスピードを誇ったドリブルは、多くのDFの脅威となった。
ダブルタッチの精度とスピードもかなりのもので、簡単にその動きを見抜くことも止めることもできない。縦への突破は歳を追うごとに遅くなってきてはいるが、ドリブルの技術は健在だ。

まとめ

簡単に見えて奥が深いダブルタッチ。 今回見てきた選手の中でもアンドレス・イニエスタ選手はずば抜けて上手いと言って良い。ダブルタッチと言えばイニエスタ選手と言っても良いかもしれない。バルサやスペイン代表の試合を観る際にはぜひ彼の足元に注目してほしい。

おすすめの記事