「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【いったい誰だ?】シザースが得意なサッカー選手を解説!

2017 7/12 14:39dada
サッカー,ロナウド
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Marcos Mesa Sam Wordley / Shutterstock.com

サッカーのスキルの1つである「シザース」について紹介していく。 技の概要やこのスキルを得意としている選手、発揮される場面についても触れていく。 サッカーが好きな方はぜひご覧いただきたい。

シザーズとはハサミのこと。どのような場面で使うのか?

シザースは「ハサミ(鋏)」を指す言葉で、主に相手選手と対峙する時に使われる。相手選手の方にボールを持ち込みながら、両足でボールをまたたぐ。何度かまたいだ後、最後のタッチで相手を抜き去るというテクニックだ。
この技は、1990~2000年代初頭に活躍したブラジルのロナウド氏によって広く知られるようになった。 大前提として、ボールをまたぐ際に脚をボールにぶつけてはならない。更にまたぐスピードの速さ、最後のワンタッチで抜き去る方向にも配慮が必要だ。

シザースの開拓者!元祖ロナウド

前述の通り、シザースはロナウド氏によって有名になった。なおポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド選手の登場により、彼は「元祖ロナウド」とも呼ばれるようになった。
ロナウド氏は圧倒的なスピードとパワーを武器に得点を量産したが、その背景には速く正確なシザースがあった。相手選手と対峙するや否やすぐさまシザースを繰り出して相手を翻弄、一瞬の隙をついて抜き去ると、そのままゴールへ急加速。後の結果はお察しの通りだ。

おすすめの記事