「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【忘れられぬサッカー】ワールドカップの歴代名場面を解説!

2017 6/30 12:56dada
ジネディーヌ・ジダン
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦慄が走った!ジネディーヌ・ジダンの頭突き

2006年のW杯ではジネディーヌ・ジダン氏(以下、敬称略)が大活躍した。決勝のイタリア戦ではチップキックで易々とPKを決めて見せ、先制点を挙げたのだ。
しかし、後半延長戦になると、マルコ・マテッラッツィ氏(以下、敬称略)に思い切り頭突き。そのまま退場処分をくらい、ジダンは現役を引退した。 偉大な選手だっただけに、このような幕引きは多くの人が悔やんだ。
しかし、ジダンは後にこのことに対して「後悔していない」と発言した。この事件の前にはマテラッツィからは幾度となく挑発行為やラフプレー、ジダンの家族に対する暴言があったとされる。 残念ながらジダンのフランス代表は、その後のPK戦に敗れて準優勝。後味の悪い試合となった。
ジダンは2016-17シーズン現在、古巣のマドリードで監督業をしている。前任のベニテス監督の時にはなかったような選手からの尊敬の念を集め、チームは好成績を残し続けている。 かつての頭突き事件は鳴りを潜め、「ジダンは選手でも監督でも凄い」のイメージで通っている。

伝説のシーン!マラドーナの神の手ゴール&5人抜き

1986年のW杯ではマラドーナ氏(以下、敬称略)が話題をかっさらった。準々決勝の相手となったイングランドは、フォークランド紛争の影響もあってか、試合前から緊迫した状況を迎えていた。
そんな状況下でマラドーナは、浮き球を左手で触ってそのままゴールへ押し込んだ。この瞬間、イングランド代表の選手たちは自身の腕を叩き、「あれはハンドだ!」と強くアピールした。しかし、そのままゴールは認められ、アルゼンチン代表の得点となる。
そしてその直後にはマラドーナがピッチ中央から約60mをドリブルで独走。マラドーナの持ち味である敏捷性の高さと加速力を活かし、5人をあっさりと突破すると、そのままゴールをものにした。アルゼンチンはそのまま決勝戦で西ドイツ代表に勝利し、優勝している。
なお、マラドーナのハンドによるゴールが「神の手ゴール」と呼ばれるのは、マラドーナ自身が「あのゴールは神のご意思によって許されたゴールだったのだ」といった主旨の発言をしたためである。

おすすめの記事