「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【サッカーファン必見】ワールドカップ2018注目ベテラン選手を分析

2017 6/30 12:56dada
ジャンルイージ・ブッフォン選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

これで見納め?イタリア代表ジャンルイージ・ブッフォン

2018年開催のロシアW杯でのジャンルイージ・ブッフォン選手(以下、敬称略)は、大会開催時には40歳となっている。 GKとはいえ、30代後半で代表とクラブ双方、バリバリの現役生活を送り、40代でW杯に出場するというのは奇跡に近い偉業だ。
これまでに行われてきた2014年のブラジルW杯、2016年のフランスでのEUROでも「ブッフォンはこれが最後ではないのか?」と言われ続けて、ここまできているのだ。 経験に裏打ちされたポジショニングの精度の高さ、反応速度の速さ、クラブでも連携をとっているジョルジュ・キエッリーニ選手らとの守備陣の固さは素晴らしい。ここぞという場面で多くの攻撃をシャットアウトしてきた。
ただ、近年ではジャンルイージ・ドンナルンマ選手(以下、敬称略)が成長を見せ始めており、いよいよ世代交代が近付いていると思われる。おそらく2018年のW杯が世界的なビッグマッチで、彼を観られる最後の機会になるのではないだろうか。

鉄壁の守備陣を形成!ドイツ代表マヌエル・ノイアー

世界最高峰のGKとされるのがマヌエル・ノイアー選手(以下、敬称略)だ。所属するFCバイエルン・ミュンヘン、そしてドイツ代表での活躍には素晴らしいものがある。クラブも代表もドイツ一筋の彼は、ドイツに受け継がれてきた名GKの伝統を確かに受け継いでいる。
反応速度は誰よりも速く、機を見た飛び出しや味方選手らとのパス交換、ロングフィードの技術も一流だ。彼こそ現代サッカーの求めるGKの頂点だろう。
2014年のブラジルW杯では、ドイツ代表が圧巻の強さを見せつけて優勝した。彼らドイツ代表の攻撃陣は軒並み好調であったが、その活躍の裏にはノイアーがいる。ノイアーが後方で盤石の守備とコーチングをこなすからこそ、前線の選手は思い切った攻撃を展開できたのだ。
2018年のロシアW杯では32歳。脂の乗り切ったこのGKは、更なる栄誉を獲得することができるのだろうか。
また、かねてより期待されるバロンドールの獲得にも注目が集まる。GKのバロンドール獲得の前例は1回しかないが、彼がこれからも栄誉を重ねていけば可能性はゼロではないだろう。

おすすめの記事