「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サッカーでキャプテンがこなしている役割

2016 8/13 15:01
サッカーボールを足で抑える選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーでは試合をプレーする11人の選手の内、1人だけ「キャプテン」という特別な役割を担っている選手がいる。「キャプテン」は、ただチームをまとめるだけじゃない!「キャプテン」は、ただサッカーが上手いだけじゃない!「キャプテン」が陰ながら「ひっそりとこなしている役割」について紹介していきたい。

キャプテンは上手いだけじゃない

まずキャプテンに任される選手は当然のことではあるが、そのチーム内で「発言力がある人」、「所属年数が長い人」、「チームメイトから信用されている人」というのが第一の理由となる。実は「プレーが上手かどうかは二の次」なんだそうだ。
これはキャプテンがこなしている役割に秘密がある。

キャプテンはチームの統率者

キャプテンはチームを統率することがまず一番に重要な役割になる。
チームによって異なるが、キャプテンがDFの選手の場合は後方から全体へ、MFの選手であればDFとFWの連携を取ろうとする。そのため、この時キャプテンがFWの選手であることは珍しいことなのだ。
基本的にFWの選手は自身よりも前に味方選手がいることはそう多くない。そのため、より多くの選手を見渡すことができ指示も出しやすいDFやMF、もしくはGKを任されることが多くなる。

おすすめの記事