「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

神はプレミアにも降り立った!ズラタン・イブラヒモヴィッチ

2017 5/17 09:55dada
zlatan
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界を旅するイブラヒモヴィッチ

ズラタン・イブラヒモヴィッチ選手は1981年生まれのFWです。ポジションはトップの位置でストライカーとして活躍してきました。
30代をとうに超えており、キャリアは終盤を迎えています。母国のマルメFFで始まったキャリアは、AFCアヤックスやユヴェントスFC、インテルナツィオナーレ・ミラノ、ACミラン、パリ・サンジェルマンFCなど世界の名門クラブを転々とし、遂にはプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドFCにまで至っています。
彼が凄いのは、世界を転々としながらも確実に結果を残し続けていることです。ACミラン所属1年目までには国内リーグ優勝記録を8連覇を記録。急激な成長を続けたパリ・サンジェルマンFCにおいてもクラブのシンボル的存在となり得点を量産、タイトルの獲得にも大きく貢献しました。
サッカー史に残る名選手であり、「優勝請負人」としても名高いのがイブラヒモヴィッチ選手です。

母国スウェーデンは母国ではない?

イブラヒモヴィッチ選手はスウェーデン代表でも不動のエースとして君臨していました。同国のレジェンドであるヘンリク・ラ―ション選手引退後にはキャプテンも努めました。
ただ、イブラヒモヴィッチ選手のルーツはスウェーデンにありません。両親はボスニア・ヘルツェゴビナとクロアチアにルーツがあります。実のところは両親の出会いの地がスウェーデンであり彼の育った国がスウェーデンだっただけです。
スウェーデンが国際大会の本選に出てくることはごく稀です。そのため、クラブでの実績豊富なイブラヒモヴィッチ選手は、代表でのタイトル獲得はありません。そのため「W杯で観ることが難しい素晴らしい選手」の一人としてウェールズ代表のギャレス・ベイル選手らと一緒に紹介されることも多いです。
しかし、イブラヒモヴィッチ選手は母国への愛を事あるごとに語り、EURO2016のベルギー戦で代表を引退するまでスウェーデン代表として活躍を続けました。

おすすめの記事