「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

未来のサッカー日本代表?今後の活躍が楽しみな注目選手たち

2017 5/17 09:55芝田カズヤ
サッカー 選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生とは思えないテクニック!石井久継選手

最初に紹介するのは、石井久継選手です。石井選手は岡山県倉敷市出身で、2017年に12歳になる、まだ小学生の選手です。現在は広島県福山市にある福山ローザスセレソンというチームに所属しています。
ローザスセレソンは広島県内では強豪のクラブチームですが、その中でも石井選手は「ローザスセレソンの77番」として広島県内だけでなく、中国地方のサッカー関係者の多くが知っているなど、すでに知名度は高いと言えます。隣の県ではありますが、岡山から広島へと越境してまで高いレベルのチームでサッカーに取り組んでいるということからも石井選手のサッカーに対する高い意識を感じることができます。
石井選手は既に、その実力から、地元のテレビ局をはじめいくつかのメディアから取材を受けています。その取材時の動画を見てみるとすでに小学生とは思えないようなプレーを披露しています。石井選手のプレーの特徴の1つは柔らかいタッチのドリブルです。左右両方の足で、ボールを自分の足元から離すことなく扱い、相手が奪いにこようものなら、いとも簡単にかわしてしまいます。
そんな石井選手の技術の高さはリフティングにも表れています。チームのホームページによると、リフティングの最高記録は8621回だそうです。これは技術レベルの高さを表す数字であるのと同時に、長時間リフティングを続けるという体力と集中力を持ち合わせているということを証明しています。
まだ、小学生ということで、多くの人の目に止まるのは、少し先かもしれませんが、ぜひとも注目してみてください。

スペインで活躍する若き海外組!タルハニ存哉選手

続いて紹介するのは、タルハニ存哉(ありや)選手です。2003年生まれのタルハニ選手は日本とイランのハーフです。もともとは日本のチームに所属していましたが、現在はスペインのクラブでプレーをしています。
タルハニ選手がスペインへと渡ったのは2013年です。そのきっかけとなったのは、2012年にAmazing Sports Lab Japanという会社が日本で開催したキャンプです。ここでスペインクラブの関係者の目に止まり、この関係者がスペインのクラブ「エスパニョール」のスタッフと知り合いであったことから、トライアルを受験することになり、入団となりました。
エスパニョールは、トップチームがスペインのリーガエスパニョーラ1部に所属しかつては中村俊輔選手も所属していたクラブです。このチームの下部組織に入団したタルハニ選手は、背番号10をつけ、様々な大会で得点王やMVPを獲得するなどしています。
タルハニ選手をスカウトしたカルレス・ロマゴサ氏はタルハニ選手の特徴について以下のように語っています。

アリヤはサポートに入る際、状況に合わせたポジションニングが非常に優れた選手です。自身でボールを持っている場合も、いつ前に運ぶのか、相手を抜きにいくのか、そしてパスなのかシュートなのか、高い確率で正しいプレーを選択することができる選手です

出典: サカイク

現在は同じスペインのU・Dコルネジャというチームに移籍しプレーしているタルハニ選手。今後の活躍が楽しみです。

おすすめの記事