「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

古豪復活へ向けて!鹿児島実業高校サッカー部の栄光と挫折

2017 5/15 09:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

元日本代表の前園真聖氏や城彰二氏。2017年現在、現役としてプレーする遠藤保仁選手や松井大輔選手……。数々の有名選手を輩出するなど、高校サッカーの名門として知られる鹿児島実業高校サッカー部の歴史や経歴、2017年注目の選手などをご紹介します。

創設50年以上!輝かしい成績を残す鹿児島実業高校サッカー部の歴史

鹿児島県は鹿児島市に位置する鹿児島実業高校、通称「鹿実(かじつ)」。1958年にサッカー部が創部されるやいなや頭角を現し、2年後の1960年には九州大会県予選優勝、1962年には全国高校総合体育大会初出場、そして、1978年には全国高校サッカー選手権大会に初出場。
県内大会で優勝98回、九州大会で優勝13回、全国高校サッカー選手権大会出場23回、全国高校総合体育大会出場26回、全日本ユースサッカー選手権出場12回を誇るなど、輝かしい成績を収めています。

鹿児島実業高校サッカー部を強豪に育て上げた名将・松澤隆司監督業

鹿児島実業高校サッカー部の輝かしい成績を語る上で欠かせないのが名将・松澤隆司監督です。松澤監督が指導者として赴任したのは、1966年のことです。2000年に定年を迎え総監督に退きますが、2011年まで精力的に指導を続けます。
その間、全国高校サッカー選手権大会で優勝2回、準優勝3回、全国高校総合体育大会で準優勝1回という記録を残すなど、鹿児島実業高校サッカー部を強豪校として育て上げました。

おすすめの記事