「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大迫勇也選手を輩出した鹿児島城西高校サッカー部の軌跡と注目選手

2017 5/15 09:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by KP Photograph/Shutterstock.com

ドイツのブンデスリーガで活躍する大迫勇也選手を輩出した鹿児島城西高校。2014年から2016年の全国高校サッカー選手権大会で3連覇を果たすなど、鹿児島高校サッカーを語る上では欠かせない存在となりました。そんな鹿児島城西高校サッカー部の戦歴と注目選手を紹介します。

2008年、全国高校サッカー選手権大会で見事・準優勝

鹿児島県日置市に位置する鹿児島城西高校は、鹿児島県の高校サッカー界をけん引する高校のひとつです。
全国高校サッカー選手権大会には、過去7度出場。2度目の出場となった2008年には、青森山田高校や前橋育英高校など、強豪校を次々に破り決勝に進出しています。決勝では、広島県代表の広島皆実高校に惜しくも2-3で敗れ準優勝となりましたが、鹿児島城西の知名度を上げた大会にもなりました。
2014年~2016年まで3回連続出場するなど、鹿児島はもちろん、九州を代表するチームとして存在感を示しています。

鹿児島城西高校サッカー部が生んだ天才・大迫勇也選手

2017年、ドイツのブンデスリーガ1部・ケルンに所属している大迫勇也選手は、鹿児島城西高校サッカー部出身です。サッカー部在籍時は、1年生からレギュラーメンバーとして活躍しただけでなく、高校に入学すると同時にU17日本代表にも選ばれています。
2008年の全国高校総合体育大会・鹿児島県予選の決勝では、鹿児島実業高校相手に5ゴールを挙げるなど優勝に貢献しました。また、第87回全国高校サッカー選手権大会では、4試合連続2得点を挙げる快挙を達成しています。同大会では10得点を叩き出し、得点王にも輝きました。

おすすめの記事