「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

王者奪還に燃える日章学園高校サッカー部の2017年に迫る!

2017 5/15 09:56kounotori
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by nattanan726/Shutterstock.com

宮崎県の強豪校として知られる日章学園高校サッカー部。過去にU15・U16の年代別日本代表選出歴を持つ佐藤颯汰選手を擁するなど、宮崎県はもちろん九州を代表するチームでもあります。日章学園高校サッカー部の過去の成績や2017年注目の選手などをご紹介します。

宮崎県はもちろん九州を代表する強豪・日章学園高校サッカー部

鹿児島県の強豪校・鹿児島城西高校と系列校でもある日章学園高校。中高一貫校である同校では、レギュラーメンバーの多くが日章学園中学校出身の選手で構成されています。
全国高校サッカー選手権大会には、宮崎県代表として12回の出場歴を誇り、2010年と2013年にはベスト8まで勝ち進めるなど、宮崎県内はもちろん、九州の強豪校としても知られています。ライバル校としては毎年激戦を繰り広げる鵬翔高校などがあります。

卒業後に実力が開花した日章学園高校出身の久木野聡選手

日章学園高校サッカー部出身のプロサッカー選手として有名なのが、2016年まで現役として活躍していた久木野聡氏。日章学園高校サッカー部に在籍していた頃は無名の選手でしたが、川崎フロンターレのスカウトにその実力を見出されて開花します。
プロ入団後の2年目に頭角を現し、J1リーグ初出場から半年後に初ゴールを挙げると、2010年には横浜FCへ期限付き移籍。その後も2012年からは栃木SCへ完全移籍、2014年からはFC町田ゼルビアへ期限付き移籍するなど、数々のチームで活躍してきました。そして、2017年1月に惜しまれつつ現役引退を発表しています。

おすすめの記事