「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

宮崎県初の日本一!鵬翔高校サッカー部の秘密に迫る

2017 5/15 09:56takutaku
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 kungverylucky/Shutterstock.com

宮崎県は、同じ九州の福岡や長崎、鹿児島などに比べるとサッカー部の成績は後進国だった。 その流れを断ち切ったのが鵬翔高校サッカー部だ。 冬の全国選手権で宮崎県勢として初優勝を決めた鵬翔高校サッカー部、その秘密をさぐってみた。

宮崎では無双状態の鵬翔高校サッカー部

鵬翔高校は、宮崎県宮崎市にある男女共学の併設型中高一貫校だ。1922年に創設され、創立から1世紀近くの伝統を誇る。
知育・徳育・体育の充実を理念に掲げる鵬翔高校は、もともと簿記の専門学校としてその歴史をスタートさせた。その後、家政科や土木科、そして珍しい看護科など実学を重視した多くの学科を増設して現在に至る。
鵬翔高校は宮崎県内でも運動部の活動の盛んなことで知られている。特にサッカー部は県内でも1、2を争う強豪として、その名を知らぬ者はないチームだ。

宮崎県初の全国制覇を成し遂げた2012年

鵬翔高校サッカー部は、もともと県内有数の強豪として有名だったが、全国的な知名度はいまひとつだった。県代表として冬の選手権には12回の出場を果たしているが、いずれも1回戦か2回戦で敗退するというのが恒例で、最高でも3回戦止まりだったのだ。
「事件」が起きたのが2012年の第91回大会だった。宮崎県代表として12回目の出場を果たした鵬翔高校サッカー部は、下馬評をくつがえして勝ち進む。そして決勝戦、京都代表の京都橘高校をPK戦で見事に破り、悲願の全国初制覇を成し遂げたのだ。

おすすめの記事