「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ルーテル学院高校サッカー部は、歴史が浅いものの全国出場4回!

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 makieni/Shutterstock.com

ルーテル学院高校サッカー部は、2016年4回目の全国高等学校サッカー選手権出場を果たした熊本県有数のサッカー強豪校だ。これまでの軌跡を振り返るとともに、2017年の活躍を展望してみよう。

創部7年目にして全国高等学校サッカー選手権に初出場

ルーテル学院高校は、熊本県熊本市にある中学校を併設している中高一貫校の高校だ。九州女学院として1926年に設立され、2001年に男女共学校として現在の名称に変更された。サッカー部は2001年に創部され、2017年で17年目を迎えた。
創部7年目の2007年に初めて全国高等学校サッカー選手権に出場したが、この時は初戦で敗退した。その後2016年度まで計4回出場しており、現在は熊本県におけるサッカー強豪校としての地位を築いている。

2009年には強豪の帝京を破るなどでベスト8に

ルーテル学院高校は2009年の熊本県予選で、前年全国で8強まで進んだ大津高校を破るなど強豪相手に勝ち抜き、2度目の全国高等学校サッカー選手権出場を果たした。
初戦で開幕戦を引き、対戦相手は東京のサッカー強豪校として全国にも名が知れている帝京高校だったが、見事に勝利した。2回戦は富山第一高校に2対0で勝ち上がり、3回戦では同じ九州の日章学園と対戦してPK戦で勝ちをもぎ取り、ベスト8という最高の結果を残した。

おすすめの記事