「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

国見高校サッカー部は、高校サッカー史に名を刻む全国優勝6回

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

長崎県の国見高校サッカー部は、これまでJリーガーを数多く輩出しているサッカーの名門中の名門校です。過去の輝かしい歴史を振り返るとともに、最近の現況などについて紹介します。

全国に鳴り響く「国見時代」を築いたサッカー部

国見高校は長崎市雲仙市国見町にある県立の学校で、設立は1949年です。サッカー部が創設されたのは1967年で、当初長崎県では島原高校、島原商業などが全国大会に出場する一時代を築いていました。しかし、国見高校は1986年に初めて全国高等学校サッカー選手権に出場するといきなり準優勝し、高校サッカー界に衝撃を与えました。
初出場に続く2回目の出場で国見は何と全国優勝という快挙を達成しました。その後、長崎県ではすっかり「国見時代」に突入し、国見の「一強他弱」と正に独走状態でした。

指導者として偉大な足跡を残したのが小嶺元監督

国見高校サッカー部を強くしたのは元監督の小嶺忠敏氏です。小嶺氏を語らずして同校サッカー部を語ることはできません。小嶺氏がサッカー部の監督に就任したのは1984年です。
それまで、小嶺氏は島原商業高校の監督で10年連続全国高等学校サッカー選手権出場などの実績がありました。小嶺氏が国見高校で指揮を執って以来、国見高校サッカー部は目を見張る快進撃を続け、2007年の総監督としての退任まで21回もの全国出場という偉大な功績を残しました。

おすすめの記事