「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名将の手腕で全国に挑戦する長崎総合科学大学附属高校サッカー部

2017 5/15 18:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

長崎総合科学大学附属高校サッカー部は、2016年度、並居る県内の強豪チームを破って第95回全国高等学校サッカー選手権に出場した。サッカー強豪校として注目されている同校について情報をまとめた。

長崎総合科学大学附属高校は5年間で4回全国切符を掴んだ強豪に変貌

長崎総合科学大学附属高校は、長崎総合科学大学の附属高校として1949年に設立された。サッカー部の創部は1962年だ。長い間、長崎県では他を寄せ付けない強さを誇る国見高校の陰に隠れていたが、2012年に悲願の全国高等学校サッカー選手権出場を決めた。
現在では常勝軍団・国見高校の前に立ちはだかる最大のライバル校になり、2012年度から2016年までの5年間で4度も全国高等学校サッカー選手権に出場している。今のところ全国大会では惜敗も多いのが現状だが、大きな目標を達成する日も近いと、地元の期待を担っているチームだ。

打倒・国見を目標にレベルアップを図り2012年、初の快挙を達成

全国高等学校サッカー選手権における長崎県代表は、国見高校が23回と圧倒的な出場回数を誇り、全国優勝も7回ある。そうした中で長崎総合科学大学附属高校は「打倒・国見」を合い言葉に実力を磨いてきた。
2012年は新人戦と高校総体の県予選を連覇し、高校相手では秋まで無敗の快進撃を続け、初の全国高等学校サッカー選手権出場の最右翼として予選が注目された。そして、準決勝では優勝候補の一角である国見高校を2対0で下し、決勝では長崎日大高校を3対1で破り、見事優勝を飾り東京行きを決めた。

おすすめの記事