「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

佐賀東高校は高校チームとして天皇杯にも出場している実力校

2017 5/15 18:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

佐賀東高校は全国高等学校サッカー選手権などの常連出場校だ。また、過去には高校生チームとして天皇杯サッカー選手権に出場して1勝するという輝かしい実績がある。そんな佐賀東高校についての情報をまとめた。

2016年冬の全国大会に出場し、3回戦に進出

佐賀東高校は佐賀県佐賀市にある公立高校だ。設立は1963年で、サッカー部も学校設立とともに同じ年に創部された。2016年度の全国高等学校サッカー選手権には2年ぶり9回目の出場を果たし、過去最高の3回戦進出という実績を残した。また高校総体では2008年、2009年と連続でベスト4まで勝ち残った。
2009年の天皇杯全日本サッカー選手権大会には佐賀県代表として初出場し、プロチームと公式戦を行うという貴重な経験をした。

2009年の天皇杯では1回戦で見事クラブチームを撃破

2009年に行われた第89回天皇杯全日本サッカーで、佐賀東高校は高校生チームとして唯一の参加となった。県予選の決勝で社会人チームのINAX(現 佐賀LIXIL FC)を4対1で打ち破って、出場権を手にした。そして1回戦で和歌山県のアルテリーヴォ和歌山に3対2で競り勝った。
2回戦では前年ベスト8の地元J2チームのサガン鳥栖と当たり、5対0と完敗したが、プロを相手にした高校生イレブンのはつらつプレーに惜しみない拍手が送られた。

おすすめの記事