「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東福岡高校サッカー部は、今や全国屈指の強豪として注目される存在

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

東福岡高校サッカー部は2016年度まで4年連続で全国高等学校サッカー選手権に出場を果たしています。2015年度大会では3度目の優勝を成し遂げました。全国屈指のサッカー強豪校・東福岡について解説します。

東福岡高校はスポーツ名門校として各ジャンルのプロを輩出

東福岡高校は、福岡県福岡市博多区にある1955年に設立された高校です。学校法人東福岡学園が運営しており、中学校を併設している私立校です。
様々な分野でプロ選手を輩出しているスポーツの名門校として知られており、特にサッカー部は1997年に夏の全国総体、冬の全国高等学校サッカー選手権、全日本ユースの全てを制し高校三冠を成し遂げました。他にも運動部はラグビー部が全国大会で数多く優勝し、野球部も甲子園に複数回出場しています。

1997年、高校サッカーの3大大会を制覇

東福岡高校サッカー部は1997年、夏冬の全国大会と高円宮杯U-18サッカーリーグの三大大会全てを制し、この年公式戦52連勝という前人未踏の快挙を達成しています。当時のメンバーには本山雅志氏(元鹿島アントラーズ)、千代反田充氏(元アビスパ福岡)、金古聖司氏(元鹿島アントラーズ)ら、後にプロで活躍した選手が在籍していました。
この年の全国高等学校サッカー選手権では準々決勝まで無失点で準決勝に進出。準決勝では丸岡高校に3対1で快勝し、決勝では強豪の帝京高校に2対1で勝利し栄冠を手にしました。

森重監督は基本テクニックの習得を徹底させる指導が特色

東福岡高校サッカー部を率いているのが森重潤也監督です。現役を引退した後すぐに東福岡高校サッカー部のコーチになり、現在総監督を務めている志波芳則氏の後を引き継いで監督に就任しました。
サッカー部には部員が300人近く在籍していて常に熾烈な競争を行っており、3年間で一度も公式戦に出場できない選手が約200人もいるほどです。つまり、選手層の厚さと競争心が強さの源になっています。基本のテクニックを徹底的に覚え込むという指導方針が特色です。

2016年度は4年連続全国進出もベスト8止まりに終わる

東福岡高校サッカー部はこれまで全国高等学校サッカー選手権で3回優勝、高校総体でも優勝3回の他、全日本ユースでも優勝が1回あります。2015年度、全国優勝を達成した東福岡高校サッカー部は2016年度も圧倒的な強さで地区予選を勝ち抜き、全国高等学校サッカー選手権に駒を進めました。
大会2連覇を狙う東福岡高校は、高校生離れしているパスやドリブルのテクニックを駆使して難なく準々決勝まで進出しました。しかし、準々決勝で東海大仰星に1対0で敗れ、ベスト8止まりで終わりました。

今年の目標は5年連続全国出場。そして4度目の優勝が悲願

2017年度に入り、東福岡高校サッカー部にとっての目標は5年連続の全国高等学校サッカー選手権への出場です。そして前年優勝を逃した雪辱を果たしての4度目の優勝です。
福岡県では4月から福岡県ユースサッカーリーグが開幕しており、1部に属している東福岡高校は順調に勝ち星を重ねています。
(第6節終了時点:勝利5 引分1 得失点+17 順位2位 :2017年5月現在) 3月卒業とともにプロ入りした前3年生が退部後、戦力の低下が心配されていましたが、層の厚さからレギュラー争いが活発化し、磐石の強さで2017年を迎えていると見られています。

まとめ

最近の成績から県内では無敵。さらに全国でも屈指の強豪校として恐れられているのが東福岡高校サッカー部です。戦力的に見て3年連続全国高等学校サッカー選手権出場が濃厚な、同校サッカー部の歴史や現在の姿を紹介しました。

関連記事

おすすめの記事