「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東福岡高校サッカー部は、今や全国屈指の強豪として注目される存在

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

東福岡高校サッカー部は2016年度まで4年連続で全国高等学校サッカー選手権に出場を果たしています。2015年度大会では3度目の優勝を成し遂げました。全国屈指のサッカー強豪校・東福岡について解説します。

東福岡高校はスポーツ名門校として各ジャンルのプロを輩出

東福岡高校は、福岡県福岡市博多区にある1955年に設立された高校です。学校法人東福岡学園が運営しており、中学校を併設している私立校です。
様々な分野でプロ選手を輩出しているスポーツの名門校として知られており、特にサッカー部は1997年に夏の全国総体、冬の全国高等学校サッカー選手権、全日本ユースの全てを制し高校三冠を成し遂げました。他にも運動部はラグビー部が全国大会で数多く優勝し、野球部も甲子園に複数回出場しています。

1997年、高校サッカーの3大大会を制覇

東福岡高校サッカー部は1997年、夏冬の全国大会と高円宮杯U-18サッカーリーグの三大大会全てを制し、この年公式戦52連勝という前人未踏の快挙を達成しています。当時のメンバーには本山雅志氏(元鹿島アントラーズ)、千代反田充氏(元アビスパ福岡)、金古聖司氏(元鹿島アントラーズ)ら、後にプロで活躍した選手が在籍していました。
この年の全国高等学校サッカー選手権では準々決勝まで無失点で準決勝に進出。準決勝では丸岡高校に3対1で快勝し、決勝では強豪の帝京高校に2対1で勝利し栄冠を手にしました。

おすすめの記事