「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高川学園高校サッカー部、は山口県で常にトップを走る強豪

2017 5/15 09:56kinsky
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

高川学園高校は山口県有数のサッカー強豪校として全国的にも知られています。中高一貫でサッカーの指導に力を入れており、プロサッカー選手も数多く輩出しています。ここでは高川学園高校のサッカー部についての情報をまとめました。

高川学園は中高一貫スポーツ教育校。Jリーガーも多数活躍

高川学園高校は、山口県防府市にある学校法人山口高川学園を設置者とする中学校併設の中高一貫教育校です。1948年に新制高等学校制度施行に基づき多々良学園高校として開設されました。そして、2004年の男女共学化を経て2006年に現在の高川学園高校・中学に改称されました。
高川学園は中高とも開設当初からスポーツ教育に力を注いでおり、特にサッカーは創部が1946年という歴史を誇り、Jリーグで活躍する選手を多く輩出するほどの強豪校として全国にもその名が鳴り響いています。

江本監督は30代の若さで、全国で勝つことを目標に熱血指導

高川学園高校のサッカー部を指導しているのが江本孝監督で、32歳という若さで監督を務めています。江本監督も同学校のサッカー部主将としてインターハイや全国高等学校サッカー選手権などで活躍しました。若き熱血指導で選手をぐいぐい引っ張って、2016年度には2年ぶりに23回目となる全国高等学校サッカー選手権出場を決めました。
江本監督は常に「全国大会に出るチームに留まらず、全国で勝つチーム」を目指して、大学チームとの強化試合を行ったり、合宿でチームの結束力を高めるといった指導に力を置いています。

おすすめの記事