「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

歴史ある島根県の古豪!大社高校のサッカー部の魅力をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Billion Photos/Shutterstock.com

島根県で唯一、体育科がある島根県立大社高等学校。歴史ある高校としても知られており、強豪校である立正大学淞南高校を破り、全国大会への切符を手にしたこともある。大社高校サッカー部の特徴や歴史、強さの理由などを紹介しよう。

島根にある大社高校とは

島根県出雲市大社町にある公立の島根県立大社高等学校。島根県内で唯一の体育科がある高校として知られており、長い歴史をもつ高校としても有名だ。まず前身となる島根県簸川尋常中学校が1898年に創立。そして幾度となく改称し他校との統合などを経て、1949年に島根県立大社高等学校となり、創立からまもなく120年をむかえようとしている。
また大社高校には体育科があることからもわかるように、野球部やサッカーなどクラブ活動も活発で、過去に数多くのプロ選手たちを輩出していることも特徴だ。

大社高校サッカー部の成績とは

陸上や野球をはじめ弓道などスポーツ活動が活発で、創立から歴史があるため島根では“古豪”としても知られている大社高校。なかでもサッカー部は全国高等学校サッカー選手権大会に9回も出場しており、その“古豪”の名に恥じない活躍を見せているチームだ。
2015年にはプリンスリーグ中国で3位でフィニッシュしたが、なんと1位と2位のチームよりも総合得点数を上げていたのだ。得点力をアップさせるために強化した攻撃力が大社高校サッカー部の魅力だ。

おすすめの記事