「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国大会の常連校!立正大学淞南高校サッカー部の魅力をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fotokostic/Shutterstock.com

1996年に島根大会を制して初出場となった全国高校サッカー選手権大会以来、すでに15回も全国大会へと出場している、立正大学淞南高校サッカー部。今や全国制覇を掲げる島根県きっての強豪校に成長した。そんな立正大学淞南高校サッカー部の魅力や強さの理由を紹介していく。

島根県の立正大学淞南高校とは

島根県松江市にある私立の立正大学淞南高等学校。1961年に開校し山陰地方で唯一の大学付属校として、キャリアアップを目指した指導が特徴的な高校だ。教育の概念としては徳育と知育、部活動を柱に生徒たちを育成。柱となるクラブ活動のなかでも野球部とサッカー部の活躍がとくに目覚ましく、島根県を代表する全国大会への常連校となっている。
またチームとしての強さを目指すだけではなく、部活動を通して自立心と礼儀正しい姿勢を学ぶことを大切にしている高校だ。

立正大学淞南高校サッカー部の成績

島根県で強豪校として知られている立正大学淞南高校サッカー部。インターハイへは9年連続となる11回出場しており、何度も3位を獲得している。また全国高等学校サッカー選手権大会へは、島根県内で最多となる15回も出場しており、全国大会でもベスト4やベスト8まで勝ち進んだ経験をもっている。
また島根県高校サッカー新人大会や中国高校サッカー新人大会で優勝するなど、若手の育成にも力を入れており、サッカーを学びたい生徒たちが集まる学校として有名だ。

岡野雅行選手が導いた立正大学淞南高校サッカー部

全国大会へも何度も出場し、島根県を代表するまで成長した立正大学淞南高校サッカー部。チームが強豪校になったきっかけとして、日本代表にも選ばれたことのある元サッカー選手、岡野雅行さんの在校時代の活躍が有名だ。
岡野雅行さんがサッカー部へ入部した当時、なんと部員はたったの2人。そこから自らがキャプテンと監督を務め、部員の勧誘からサッカーの指導までをおこない、県内で3位となる実力まで成長させた。そんな岡野雅行さんの活躍は大きな原動力となり、その後サッカー部は全国でも知られる強豪校として育っていった。

サッカー部専用の寮がある立正大学淞南高校

全国高等学校サッカー選手権大会でもベスト4に勝ち進むなど、トップクラスの実力をもったチームとして知られる立正大学淞南高校。そんなサッカー部には生徒たちがより集中してサッカーに打ち込めるよう、学生寮が用意されている。毎朝6時に起床しサッカーの練習、そしてまた放課後に練習。
そんなハードな練習を支える体力づくりに貢献しているのが、寮で提供されてる朝と夕方の食事だ。また寮に住む生徒たちは体力をつけるためご飯3杯を日課としており、栄養バランスが考慮されたメニューも特徴となっている。

立正大学淞南高校サッカー部の練習環境とプレースタイル

立正大学淞南高校サッカー部の練習環境は、校内にある土のグラウンドがメインだが、校内の練習に加えて週に2度ほど、松江市営補助競技場にある大きな人工芝グラウンドを借りて練習をおこなっている。
そんな練習環境のなか日々選手たちが目指しているプレースタイルは、立正大学淞南高校の代名詞ともなった中央突破で縦に速い攻撃。普段から常に素早いスピードを意識して練習に取り組んでおり、その基礎となる速さこそがチームの強さの理由となっている。

まとめ

ベスト4進出など今や全国大会への常連校として知られる、島根県にある立正大学淞南高校サッカー部の魅力や強さの理由を紹介した。立正大学淞南高校はサッカーを学びたい生徒たちが集まる高校として、全国大会制覇を目標に掲げており、さらなる活躍が期待できるチームとして注目されている。

関連記事

おすすめの記事