「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スポーツ校として有名な和歌山北高校サッカー部の魅力をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by anekoho/Shutterstock.com

和歌山県のなかでも私立の強豪校に割って入る強さの、公立の和歌山北高等学校サッカー部。スポーツが盛んな高校としても有名で、数多くのオリンピック選手を輩出している。そんな和歌山北高校サッカー部の魅力や強さの理由を紹介していく。

公立の和歌山北高校とは

和歌山市にある和歌山県立和歌山北高等学校。1963年に公立の学校として開校し翌年に和歌山市市小路へと校舎を移転、2012年には和歌山西高等学校と統合した。
学校の特徴としては多重構造をもつ体育館があり、和歌山県内で唯一の体育科がある学校として知られている。またクラブ活動も活発で、レスリング部やフェンシング部、格闘技なども全国的に有名だ。
またサッカー部は男子だけでなく女子のサッカー部もあり、将来のなでしこジャパンの代表選手になるべく練習を重ねている。

スポーツ健康科学科がある和歌山北高校

およそ3分の1にあたる授業が体育に関する専門科目になっている、和歌山北高校のスポーツ健康科学科。実技と合わせて理論も学べる独自のカリキュラムが特徴的で、宿泊研修や実習なども盛んにおこなわれており、優秀なアスリートも数多く育っている。
たとえばロンドンオリンピックに出場した体操の田中理恵さんや田中和仁さん、ロンドンオリンピックのフェンシングに出場した西岡詩穂選手は和歌山北高校出身だ。他にもボート選手や競輪選手といった、幅広いスポーツのアスリートたちを輩出している。

おすすめの記事