「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

天皇杯勝利をあげた強豪校!近畿大学附属和歌山高校サッカー部をご紹介

2017 5/15 09:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by fotoinfot/Shutterstock.com

プロとアマが入り乱れる天皇杯で、見事一回戦を突破した実績をもつ近畿大学附属和歌山高校のサッカー部をご紹介します。成熟したサッカーを得意とするチームの魅力や、その強さの理由も解説していきます。

近畿大学附属和歌山高校とは

和歌山県和歌山市の豊かな自然に囲まれた場所にある、私立の近畿大学附属和歌山高等学校。1983年に近畿大学の付属校として開校されました。中学校が併設されていて中高一貫教育もあり、有名な難関大学を目指す生徒たちも多く集まる学校です。
近畿大学附属和歌山高校の校訓は知育と徳育、体育の3つを柱としており、独自の教育カリキュラムが特徴です。また光雲祭と呼ばれる文化祭や体育祭などの行事も盛んにおこなわれており、クラブ活動も活発な高校として知られています。

近畿大学附属和歌山高校サッカー部の成績

和歌山のなかでもサッカーの強豪校として知られている近畿大学附属和歌山高校。和歌山県高校総合体育大会や和歌山県高等学校サッカー新人大会では何度も優勝するなど、県内屈指の実力をもつチームです。
毎年激戦となる全国高校サッカー選手権和歌山県予選も幾度となく制し、2016年時点では全国高校サッカー選手権大会への切符を9回も手にしています。そして全国大会でも2007年と2008年には3回戦まで勝ち進んだ成績を残しており、県内で勝ち上がるだけではなく、全国大会制覇も視野に入れて練習を重ねています。

おすすめの記事