「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強豪を倒して大会初勝利!香芝高校サッカー部の強さの理由をご紹介

2017 5/15 09:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

第94回全国高校サッカー選手権大会で優勝経験をもつ藤枝東高校を倒し、大会初勝利を上げた奈良の香芝高校サッカー部。激戦を制しサッカーファンから一躍脚光を浴びた、香芝高校の強さの理由をご紹介していきます。

奈良にある県立の香芝高校とは

奈良県の香芝市にある香芝高校。正式には奈良県立香芝高等学校であり、普通科のみの公立学校となっています。1980年に創立した香芝高校は、近隣の大学や小学校などと連携した教育をおこなっており、『和敬』『創造』『錬磨』の3つを校訓としています。
学力の向上はもちろんのこと豊かな人間性を育み、たくましい心身を育てるためにクラブ活動も活発です。サッカー部をはじめ野球部やバスケットボール部、そして県立では珍しいホッケー部などもあります。

奈良の2強に割って入った香芝高校サッカー部の成績

9年間に渡り全国高校サッカー選手権への切符は、強豪校の奈良育英高等学校と奈良市立一条高等学校の2校が分け合ってきた奈良。そんな強豪校に香芝高校サッカー部がはじめて風穴をあけたのは、2010年の県予選会でした。
そして2016年にも準々決勝で名門である奈良育英高等学校に勝利し、順当に勝ち上がり県予選会を制して全国大会への切符を掴みました。また2017年までに3度も県予選会を制しており、今や2校の強豪校と肩を並べるまでに成長しています。

おすすめの記事