「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

公立ながらも奈良の強豪校!一条高校サッカー部の強さの理由をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

全国高校サッカー選手権大会に6度も出場するなど、メキメキと実力を伸ばしている強豪校の一条高校サッカー部。公立でありながらも奈良では全国大会を目指すチームとして知られている。そんな一条高校サッカー部と、その強さの理由を紹介していく。

奈良にある公立の一条高校とは

国際化社会をリードしていける視野をもった生徒を育てることを理念に掲げている、奈良県奈良市にある一条高校。正式には奈良市立一条高等学校であり、1950年に開校した奈良では初となる市立の高校だ。
いわゆる公立ながらもクラブ活動にとても熱心で、野球部やバドミントン部なども活発に活動していることも特徴だ。またダンス部は全国大会で何度も入賞するなど実力はトップレベル。
そしてサッカー部は強豪校の奈良育英高等学校とライバル関係であり、県内で全国大会への切符をかけて互いに切磋琢磨していることが強さの理由のひとつだ。

一条高校サッカー部の成り立ちと歴史

1950年から続く歴史ある奈良の一条高校。サッカー部のルーツも古く、なんと1969年までさかのぼる。まず生徒3人がサッカー部創立を願い、最初は愛好会そして同好会を経て、3年後に部活として設立された。しかし当時は校内にサッカーコートはなく、近くにあった少年刑務所のグランドや平城宮跡で練習を重ねる。
たとえ環境が整っていなくとも日々練習をおこなう、そんな熱心な生徒が集まってスタートしたことも今につながる強さの理由だ。そして現在は父母の会など支援も整い、練習場所の改善やチームの改革に取り組み、奈良で強豪校としての地位を確立した。

一条高校サッカー部の活躍とは

奈良県で唯一市立の高校である一条高校は、県内ではサッカー強豪校として知られており、全国高校サッカー選手権には7回の出場経験がある。またインターハイ(全国高校総体)には6回出場、近畿高校サッカー選手権には13回も出場し2度の優勝を飾っている。
また2005年の全国大会では1回戦突破、激戦となった2回戦で惜しくも敗退。しかし相手の岡山県作陽高等学校は決勝戦まで進んだことからも、全国大会であっても決して引けを取らない強さを見せた一条高校だった。

一条高校サッカー部の取り組み

一条高校のサッカー部は日々の練習に加え、2016年には部員たち50名がオランダに遠征を行い、練習試合や現地コーチによる指導、スタジアム見学や代表戦観戦など本場ヨーロッパのサッカーを学ぶ貴重な体験をした。また、監督など先生の指導も熱心で、コーチやトレーナーなどサポート体制も万全。
監督の前田先生は厳しい指導だけではなく、練習では審判をおこなったり、遠征の際にはバスの運転もこなすなど選手に寄り添った熱心な指導が特徴だ。

一条高校サッカー部のスローガンと練習

一条高校サッカー部は

『巧みに守り、果敢に攻めよ』

出典: 奈良テレビ放送『第92回全国高校サッカー選手権大会 奈良大会』

というスローガンを掲げて試合や練習に望んでいる。そして県内で勝ち上がるだけではなく、インターハイや全国大会でのベスト4、プリンスリーグへの昇格を目標にしている。練習メニューを自分たちで決めるなど、選手自らが主体性を持っているのもチームの強みだ。
また練習場所も校内にある小さい人工芝のグラウンドのほか、放課後バスで移動し芝生のコートを借りて練習をおこなうなど、限られた場所と時間を工夫して日々練習に励んでいる。

まとめ

公立ながらも強豪校として知られている、奈良市立一条高等学校のサッカー部を紹介した。選手たちが練習メニューを決めるなど自主性を大切にし、バスを運転し試合や練習に連れていくなど監督の熱心なサポートがあることも強さの理由だ。そして全国大会ベスト4を目指し練習を重ねており、さらなる活躍が期待されている。

関連記事

おすすめの記事