「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

公立ながらも奈良の強豪校!一条高校サッカー部の強さの理由をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

全国高校サッカー選手権大会に6度も出場するなど、メキメキと実力を伸ばしている強豪校の一条高校サッカー部。公立でありながらも奈良では全国大会を目指すチームとして知られている。そんな一条高校サッカー部と、その強さの理由を紹介していく。

奈良にある公立の一条高校とは

国際化社会をリードしていける視野をもった生徒を育てることを理念に掲げている、奈良県奈良市にある一条高校。正式には奈良市立一条高等学校であり、1950年に開校した奈良では初となる市立の高校だ。
いわゆる公立ながらもクラブ活動にとても熱心で、野球部やバドミントン部なども活発に活動していることも特徴だ。またダンス部は全国大会で何度も入賞するなど実力はトップレベル。
そしてサッカー部は強豪校の奈良育英高等学校とライバル関係であり、県内で全国大会への切符をかけて互いに切磋琢磨していることが強さの理由のひとつだ。

一条高校サッカー部の成り立ちと歴史

1950年から続く歴史ある奈良の一条高校。サッカー部のルーツも古く、なんと1969年までさかのぼる。まず生徒3人がサッカー部創立を願い、最初は愛好会そして同好会を経て、3年後に部活として設立された。しかし当時は校内にサッカーコートはなく、近くにあった少年刑務所のグランドや平城宮跡で練習を重ねる。
たとえ環境が整っていなくとも日々練習をおこなう、そんな熱心な生徒が集まってスタートしたことも今につながる強さの理由だ。そして現在は父母の会など支援も整い、練習場所の改善やチームの改革に取り組み、奈良で強豪校としての地位を確立した。

おすすめの記事