「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

強豪校として復活を遂げた!神戸弘陵学園高校サッカー部をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by moomsabuy/Shutterstock.com

兵庫県のなかでもサッカーのエリート選手たちが集まる、神戸弘陵学園高等学校のサッカー部。若さ溢れたU-12やU-15の選手たちが数多く在籍しており、全国大会でも活躍しているサッカー部の強さの理由を紹介していく。

神戸弘陵学園高等学校とは

兵庫県神戸市北区にある私立の神戸弘陵学園高等学校。もともとは男子校として存立していたが、2014年からはコースによって男女共学となった。勉学をメインに励む『特進文理コース』や『総合進学コース』だけではなく『体育特選コース』もあって、さまざまなスポーツにも力を入れている。
また神戸弘陵学園高校はクラブ活動も活発で、硬式野球部・バレーボール部・剣道部、そしてサッカー部が強化クラブに指定されている。

神戸弘陵学園高校サッカー部の活躍

1983年に創立した神戸弘陵学園高校サッカー部。創部してから2015年までの間に全国高等学校サッカー選手権大会に8度出場しており、1993年にはベスト8まで勝ち上がるほど活躍を見せる。また当時は元日本代表の故奥大介選手が在籍していたこともあり、強豪校としてコンスタントに活躍する。
しかしベスト8の結果を境に神戸弘陵学園高校サッカー部は年々精彩を欠いていく。また全国大会で結果が出せないだけではなく、2000年以降は地区予選で敗れることが増え、全国大会の出場から遠ざかってしまった。

おすすめの記事