「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

あの日本代表選手の出身校!滝川第二高校サッカー部をご紹介

2017 5/15 18:56まるちゃん
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Gelner Tivadar/Shutterstock.com

ロシアで開催されるサッカーワールドカップが迫るなか、本戦に向けて熱い戦いが繰り広げられている。アジア予選で日本代表としてゴールを決めた岡崎慎司選手の出身校でもある、神戸の滝川第二高等学校サッカー部の強さの理由を紹介していく。

兵庫県を代表する強豪校の滝川第二高校とは

兵庫県を代表するサッカーの強豪校、滝川第二高等学校。神戸市西区にある1984年に開校した学校で、運営は学校法人瀧川学園。2004年からは中学校も併設され、中高一貫教育も取り入れられている。
また滝川第二高校は世界で活躍できる力を身につけることを目標に『文武両道』を掲げ、勉強もスポーツも才能を伸ばすことを教育方針としている。とくにスポーツは独自のカリキュラムを採用しており、サッカー選手だけはなくさまざまなプロスポーツ選手を輩出している。

滝川第二高校サッカー部の活躍とは

1984年の開校と共にサッカー部は創設された。そして早くも2年後の1986年には、県内で『新人戦・選手権大会・総合体育大会』の三冠を達成し、それ以降も兵庫県下でトップチームとして快進撃を続ける。
また滝川第二高校サッカー部は県内だけはなく全国大会でも数多く活躍し、2011年におこなわれた第89回全国大会では悲願である全国制覇を成し遂げた。

おすすめの記事