「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「ラグビー部と切磋琢磨する」東海大学付属仰星高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

第95回選手権大会で、東海大仰星高校サッカー部は快進撃を見せ、第3位という結果を残した。 その強さの秘密には同じく強豪のラグビー部との関係性もあるようだ。 今回は東海大学付属仰星高校サッカー部について紹介する。

東海大学付属仰星高校とは

東海大学付属仰星高校とは、その名の通り東海大学の付属高校で、中高一貫の私立高校だ。学科は英数特進コース、総合進学コースの2コースがある。「東海大学学園オリンピック」というスポーツ、国語、数学、英語などの各分野を競い合う大会が毎年開催される。
部活動はラグビー部が全国でもトップクラスの強さを誇り、全国制覇6回という実績を持つ。他には柔道部、野球部なども強豪として知られている。サッカー部も激戦区の大阪で結果を残してきた。

東海大仰星高校サッカー部の歴史

東海大仰星高校サッカー部は1990年に全国高校総体に出場すると、これまで全国選手権大会に5回出場を果たした。そのうち第91回大会ではベスト8、第95回大会では3位という結果を残している。その他、強豪校が集う近畿大会でも第56回、第69回と優勝している。
特に2016年は選手権3位と、大阪U-18サッカーリーグ2016 1部で優勝し、プリンスリーグ関西への参入を決めており、飛躍の年となった。

おすすめの記事