「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「京都のバルサ」久御山高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

テクニックやボールポゼッションに重きを入れたプレースタイルから、スペインのバルセロナを彷彿させるのが久御山(くみやま)高校サッカー部だ。しかし、京都橘を始めとしたライバル高も京都にはひしめき合っている。 今回は久御山高校サッカー部について紹介する。

久御山高校とは

久御山高校は、京都府久世郡久御山町林に所在する府立の高校だ。学科はSコース(スタンダート)、Aコース(アカデミー)、Pコース(スポーツ総合専攻)の3つで成り立っている。スポーツ総合専攻学科は京都府でも珍しい学科だ。目標として「文武両道」を掲げているだけあり、部活動の活動も活発に行われている。
その中でもやはりサッカー部は部員数、実績ともに最大級となっている。他にプロ野球選手の橋本健太郎選手(千葉ロッテマリーンズなどで活躍)の母校でもある。

久御山高校サッカー部の成績

久御山高校サッカー部は、全国高校サッカー選手権大会に5度の出場経験がある。そのうち、第89回大会では決勝まで進み惜しくも敗れたものの、準優勝という結果を残した。
しかし、近年では京都橘高校などの台頭もあり、選手権から遠ざかってしまっている状況にある。高校総体では2015年に出場し、3回戦まで進出している。選手権以外では京都の頂点に立つこともあり、その戦力は拮抗している。再度全国の舞台で久御山高校のサッカーを見る事ができる日もそう遠くはないだろう。

おすすめの記事