「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選手権制覇なるか?!京都橘高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

全国選手権大会、準優勝の実績を持つ京都府の強豪校が京都橘高校だ。 成長著しい京都橘(たちばな)高校サッカー部だが、今後全国を制覇することはできるのか? 今回は京都橘高校サッカー部について紹介する。

京都橘高校とは

京都橘高校は、京都府京都市にある私立の中高一貫高校で、その歴史は古く、1902年に創立されている。創立以来100年近くの間女子校だったが、2000年に男女共学となった。学科によっては海外留学をする事ができ、学業にも力を入れている。
また部活動も盛んで、全国で活躍しているクラブが多くある。中でも女子バレーボール部、男子サッカー部、女子サッカー部、吹奏楽部などは全国でもトップクラスの実績を誇る。

京都橘高校サッカー部の歴史

京都橘高校自体の歴史は100年を越え、古いだが、女子高から共学となったのが21世紀に入ってからであり、従って男子サッカー部の歴史は古くはない。しかし、2000年に創部されたのにもかかわらず、2007年に高校総体予選で優勝、2008年には選手県予選で優勝と順調にステップアップしている。2013年には2度目の選手権出場を果たし、準優勝という結果を残した。
その後も京都代表の「常連校」となりつつあり、京都屈指の強豪校へと成長している。

おすすめの記事