「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「セクシーフットボール」野洲高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

美しく、テクニックに奏でたサッカーを展開することから、野洲高校のサッカースタイルは「セクシーフットボール」としてその名を知らしめてきた。 そこで今回は野洲高校サッカー部について紹介する。

野洲高校とは

滋賀県野洲市に位置するのが野洲高校。サッカー部を始めとして、野球部など甲子園出場経験がある部活動を有し、文科系の部活動では滋賀県内の高校では珍しいとされるダンス同好会、軽音楽同好会のある高校だ。
グラウンドは自然に囲まれており、恵まれた環境下で練習をすることができ、特にサッカーグラウンドは、全国選手権大会制覇後に完成した人工芝のグラウンドとなっている。サッカー部員数も100人を超える校内屈指の運動部だ。

野洲高校サッカー部を率いる監督

野洲高校を全国制覇、頂点まで上り詰めさせたのは山本佳司監督だ。
やや異色の経歴の持ち主で、高校、大学時代はレスリングで活躍し、ドイツ・ケルン体育大学へ留学。そこでサッカーと出会う。帰国後、1996年に野洲高校へ赴任。当時、部員16人という少人数でありながら、2006年に全日本高校サッカー選手権優勝へと導くこととなる。
山本監督のテクニック重視の指導は当時「異端」とされ、フィジカル偏重であった高校サッカー界へ一石を投じるものだった。さらに、鹿児島実業高校、国見高校などの選手が坊主頭であるのに対して、野洲高校の選手は「長髪」であり、それらの事が起因で「セクシーフットボール」と呼ばれ、野洲旋風を巻き起こした。

おすすめの記事