「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「セクシーフットボール」野洲高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by matimix/Shutterstock.com

美しく、テクニックに奏でたサッカーを展開することから、野洲高校のサッカースタイルは「セクシーフットボール」としてその名を知らしめてきた。 そこで今回は野洲高校サッカー部について紹介する。

野洲高校とは

滋賀県野洲市に位置するのが野洲高校。サッカー部を始めとして、野球部など甲子園出場経験がある部活動を有し、文科系の部活動では滋賀県内の高校では珍しいとされるダンス同好会、軽音楽同好会のある高校だ。
グラウンドは自然に囲まれており、恵まれた環境下で練習をすることができ、特にサッカーグラウンドは、全国選手権大会制覇後に完成した人工芝のグラウンドとなっている。サッカー部員数も100人を超える校内屈指の運動部だ。

野洲高校サッカー部を率いる監督

野洲高校を全国制覇、頂点まで上り詰めさせたのは山本佳司監督だ。
やや異色の経歴の持ち主で、高校、大学時代はレスリングで活躍し、ドイツ・ケルン体育大学へ留学。そこでサッカーと出会う。帰国後、1996年に野洲高校へ赴任。当時、部員16人という少人数でありながら、2006年に全日本高校サッカー選手権優勝へと導くこととなる。
山本監督のテクニック重視の指導は当時「異端」とされ、フィジカル偏重であった高校サッカー界へ一石を投じるものだった。さらに、鹿児島実業高校、国見高校などの選手が坊主頭であるのに対して、野洲高校の選手は「長髪」であり、それらの事が起因で「セクシーフットボール」と呼ばれ、野洲旋風を巻き起こした。

排出したプロ選手

野洲高校が排出した選手は多くうが、その中でも川崎フロンターレ、セレッソ大阪などで活躍した楠神順平(くすかみ じゅんぺい)選手や、ドイツ、スペインなどで活躍している乾貴士選手などが代表的だ。
楠神選手や乾選手は、2006年の選手権優勝に大きく貢献している。上背はないものの、抜群のテクニックと連動性で高校サッカー界に大きな爪痕を残している。野洲高校で培った華麗なプレイスタイルは、プロ選手となってからでも随所に垣間見る事ができる。

野洲高校のスタイル

野洲高校サッカー部はまず、「世界を目指す」事を目標としている。これは、フィジカルの優れた大柄な外国人選手相手にどうプレイすれば良いかという高校サッカーよりも上のカテゴリーを意識し、そこで日本人らしいテクニックやアジリティを利用して相手を交わすというような事を指している。
そのため高校サッカーではあまり見ないようなヒールパスや、ノールックパスなどの華麗なプレイが魅力となっている。「クリエイティブなサッカーを目指す」という目標もあり、個性あふれるチームとなっている。

近年は厳しい年が続く

選手権大会を2006年に制覇したが、その後は順風満帆と言える結果をなかなか出せずにいる。2014年、2015年は全国へも進む事ができずに終わり、その後もなんとか出場するものの1回戦で敗れてしまった。
近年ではなかなか目立った結果は出せずじまいだが、野洲高校伝統のテクニックで交わすサッカーは脈々と受け継がれており、見るものを虜にする。野洲高校のファンも数多く全国にいるようなので、今後の活躍に期待だ。

まとめ

野洲高校が選手権を制した2006年、全国のサッカーファンの間で野洲高校は大きな話題となった。 野洲高校サッカー部の見るものも魅了する「セクシーフットボール」で再び全国の頂点に立つのを見てみたいものだ。

関連記事

おすすめの記事