「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「選手権準優勝経験も!」四日市中央工業高校サッカー部

2017 5/15 18:56おしょう
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

排出したサッカー選手

全国でも豊富な実績を残してきた四日市中央工業高校サッカー部だが、排出したサッカー選手も数多く存在する。さらに日本代表選手も多くおり、名古屋グランパスエイトで活躍した小倉隆史選手、浦和レッドダイヤモンズなどで活躍の坪井慶介選手のほか、現在ドイツ、ブンデスリーガで成長著しい浅野拓磨選手も四日市中央工業高校の出身だ。
このように高校サッカーのみならず、日本サッカー界などでも通用する人材育成に一役買っていた側面もある。

四日市中央工業高校の目標

まず第一の目標として「ワールドカップで活躍できる選手を育成する」というものがある。現に日本代表として活躍してきた選手が多数いるので、現実的な目標と言えそうだ。
また理想としている選手像は「パーフェクトスキルを持った選手」「90分戦える体力と精神力を持った選手」というようなかなり高い目標が設定されている。伝統的には四日市中央工業高校のサッカーはフェジカルが強い選手が多く、走り勝つイメージが強いチーム色だ。

四日市中央工業高校の全国出場は?

近年では私立の海星高校、津工業高校、三重高校などが力を付けてきている。全国で結果を出してきたとはいえ、簡単に県内予選を突破することがは難しくなってきている。直近の新人大会でも宇治山田商業高校に2回戦で惜敗するなど、昔のように三重県内での絶対的位置づけの時代は終焉したように見受けられる。
四日市中央工業高校としては厳しい年が続くが、名将樋口士郎監督他スタッフ、コーチ陣の豊富な経験で、必ずや全国の舞台に戻ってくるだろう。

まとめ

四日市中央工業高校としては、近年厳しいシーズンが続いている。 しかし、「四中工」の躍進は三重県内、さらには全国のサッカーファンとしても気になるところだ。 全国の舞台で、強い四日市中央工業高校をまた見てみたい。

おすすめの記事